サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リアル・クローン
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-389581-3
  • 国内送料無料

紙の本

リアル・クローン

著者 若山 三千彦 (著)

【小学館ノンフィクション大賞優秀賞(第6回)】羊の「ドリー」は真のクローンではない! クローン技術確立への扉を開いた若き日本人研究者の苦難の日々を追いながら、遺伝子工学の...

もっと見る

リアル・クローン

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【小学館ノンフィクション大賞優秀賞(第6回)】羊の「ドリー」は真のクローンではない! クローン技術確立への扉を開いた若き日本人研究者の苦難の日々を追いながら、遺伝子工学の可能性や危険性に言及する。第6回小学館ノンフィクション大賞優秀賞受賞。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

若山 三千彦

略歴
〈若山三千彦〉1965年神奈川県生まれ。横浜国立大学教育学部卒業。高校の理科教諭を退職後、神奈川県横須賀市で、知的障害者が暮らす社会福祉法人の経営に携わる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

真のクローン実現にひたむきに努力した若き日本人研究者の苦難の日々を紹介したノンフィクション作品

2000/10/06 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:尾曲 克己 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 はじめに,この本の率直な感想を述べたい。この本を読むにあたって私は,興奮なしには読むことができなかった。
 クローン羊,ドリーの出現は,今日,多くの人の知るところとなっているが,ドリーは真のクローンであるか疑いがもたれていることは知られているだろうか。本書はマウスを用いて真のクローン,リアル・クローンを実現しようとする研究について,その発明者である著者・若山先生や共同研究者たちの数々の苦労について述べられている。
 はじめ,若山先生はクローン技術をもたない研究室に所属しており,教授の目を盗みつつ,マウスを用いたクローンの研究の準備を始めていた。その間も教授に与えられた課題を怠ることなく,自らの研究も行うという,普通では,考えられない努力をしている。次第に,教授の目にふれることになり,この研究の重要性を認められ,晴れて研究室で最も優先される研究課題となる。その後,思うように研究が進んだかというとそうではなく,研究以外のことでも多くの困難を抱え込むことになる。
 研究についての指導権争い,生活の糧となる奨学金が得られなくなり研究の道を閉ざされる危険まで味わった。さらに,この研究が社会に与える影響があまりにも大きいことと,ドリーの件でクローンの研究論文発表にあまりにも慎重になる「ネイチャー」は彼らの研究を簡単には掲載しようとしなかった。しかし,彼らは不屈の精神と基礎科学に対する情熱でこれらの苦難を乗り越える。
 リアル・クローン誕生の秘話とそれを実現するまでの困難を一般の人にもわかりやすく書かれてあり,また,これから研究者を目指す人に,研究とはかくのごとくのものであることを伝えており,是非,多くの人に読んでもらいたい良書である。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

遺伝学・バイオテクノロジー ランキング

遺伝学・バイオテクノロジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む