サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. そんなマーケティングなら、やめてしまえ! マーケターが忘れたいちばん大切なこと

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

そんなマーケティングなら、やめてしまえ! マーケターが忘れたいちばん大切なこと
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:20cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-50173-4
  • 国内送料無料

紙の本

そんなマーケティングなら、やめてしまえ! マーケターが忘れたいちばん大切なこと

著者 セルジオ・ジーマン (著),中野 雅司 (訳)

コカ・コーラ社のマーケティング最高責任者として、数々の画期的な戦略を実行した体験をもとに展開する辛口マーケティング論。売ることを忘れた多くのマーケターたちに警鐘を鳴らす。...

もっと見る

そんなマーケティングなら、やめてしまえ! マーケターが忘れたいちばん大切なこと

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

コカ・コーラ社のマーケティング最高責任者として、数々の画期的な戦略を実行した体験をもとに展開する辛口マーケティング論。売ることを忘れた多くのマーケターたちに警鐘を鳴らす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

セルジオ・ジーマン

略歴
〈ジーマン〉元コカ・コーラ社のマーケティング最高責任者。現在、マイクロソフト、セブン−イレブンなどをクライアントに持つコンサルティング会社「Z」の社長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2002/05/04

2002/05/10 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経流通新聞MJ - この投稿者のレビュー一覧を見る

知られざる販促の極意
 「新・辛口」「炭濾過(すみろか)」「グリーンラベル」。ビール・発泡酒メーカーが最近出した商品の名前を聞いて、どのメーカーかを言い当てるのは至難の業だ。消費者も店頭で何を基準に選んだらいいのか、分からなくなっているのではないか。なぜこんなことになるのだろうか。
 マーケティング論の世界では、消費者の混同・混乱を引き出し、新たな大ヒットを作らせないようにするのも、重要な戦略だそうだ。新しい大ヒットがなければ、いま市場で優位にある商品の寿命がそれだけ長くなるからだ。
 A社の新製品は何ら新鮮味がなく当社にもこんな商品があるのです、と他社製品の特長やカテゴリーを自社に都合よく位置づけ消費者の印象を悪くする手法を、マーケティングの世界では「ポジショニング」という。他社とちょっとだけ違う新製品が相次ぐ発泡酒戦争はポジショニングが乱れ飛ぶあくなき消耗戦とでもいえるのだろうか。
 米国では企業のこうした販売戦略の研究が進んでいる。とくに巨額の広告宣伝費が動く清涼飲料水市場は、ビール・発泡酒に限らず日本のあらゆる消費財の販促を考えるうえで参考になる。具体的な戦略を詳しく知りたいのなら、コカ・コーラの伝説的なマーケット戦略立案者セルジオ・ジーマン氏が書いた『そんなマーケティングなら、やめてしまえ!』(ダイモンド社)がお薦めだ。
 ライバル社が「クリスタルペプシ」という新商品を売り出したとき、ジーマン氏はこの商品をダイエット飲料のカテゴリーに位置づけたうえで同じカテゴリーの新飲料をぶつけることにした。単なる競合商品の投入ではなく、消費者を混乱させ、自らの商品も含めて市場全体を葬り去るのが目的だった。それによって清涼飲料市場で自社の既存商品の位置を守ったのだ。
 大失敗だったとされる「チェリーコーク」は実は大成功だったという話やスプライトに秘められた大胆な商品戦略など、ジーマン氏の話はいずれも興味深い。具体例が豊富で、わかりやすく、あっという間に読め、しかも日本の現状を考えるのに役立つ。
(C) 日本経済新聞社 1997-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/04 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/19 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/10 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/28 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る