サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. セザンヌとゾラ その芸術と友情

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

セザンヌとゾラ その芸術と友情
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: ブリュッケ
  • サイズ:20cm/372p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7952-1679-7
  • 国内送料無料

紙の本

セザンヌとゾラ その芸術と友情

著者 新関 公子 (著)

中学の同窓生で無二の親友であり、その輝かしい友情が近代美術の革命を方向付けたゾラとセザンヌ。モデル小説「作品」が原因で不仲になったという定説を再検証し、二人の友情と芸術、...

もっと見る

セザンヌとゾラ その芸術と友情

3,564(税込)

ポイント :33pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中学の同窓生で無二の親友であり、その輝かしい友情が近代美術の革命を方向付けたゾラとセザンヌ。モデル小説「作品」が原因で不仲になったという定説を再検証し、二人の友情と芸術、印象派運動の真実を捉え直す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

新関 公子

略歴
〈新関公子〉1940年新潟県生まれ。東京芸術大学大学院修士課程修了。現在、トキワ松学園横浜美術短期大学非常勤講師。著書に「「漱石の美術愛」推理ノート」などがある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「定説」を見事に覆す論証過程が実にスリリング

2000/07/09 17:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安原顕 - この投稿者のレビュー一覧を見る

名著『「漱石の美術愛」推理ノート』(平凡社)を世に問い、われわれを仰天させた新関公子が、またまたスリリングな本を出した。基本的な手法は前著と同じだが、この手法こそ著者最大の魅力、真骨丁でもある。周到精緻な仕事ぶりは、紛れもなく「学者」のそれだが、書きっぷりは優れたジャーナリストや作家の感性に近い。とにかく面白く、あっと言う間に読めてしまう。その力量にも舌を巻く。著者は、ある「定説」に疑義を抱くや、持てる力を十二分に駆使して徹底調査し、その上で「定説」を見事に覆すのだが、その論証過程が実にスリリングなのである。今回の「仮説」転覆は、ポール・セザンヌ(1839〜1906)、エミール・ゾラ(1840〜1902)の親友が、突然喧嘩別れをする。「定説」では、セザンヌをモデルに書いた小説『作品』が、画家の機嫌を損ねたというものである。ちなみのこの『作品』、『ジル・ブラス』紙に連載中からゴッホは愛読していた。しかし著者はこの「定説」には納得せず、「真相探し」を始め、読後われわれは、「なるほど、お見事!」と感服させられるのである。セザンヌとゾラは南仏の小都市エクス=アン=プロヴァンス、ブルボン中学(今日の高校)の同窓生時代から親友だったが、1886年、40代半ばで決裂する。ところが調べてみると、この時期、セザンヌはゾラ宅まで歩いて10分の距離に住んでおり、『作品』執筆中の前年、文通もしきりにし、2週間近く、一緒に過ごしてもいる。またゾラは当時、美術評論を数多く書いていたが、それらの批評文はセザンヌの助言、情報提供が必須でもあった。むろんセザンヌとて文学が分からぬ男ではなく、『作品』が気に入らぬ程度のことで絶縁するような狭量でもなかった。本書は「図版」も豊富に入った秀逸な「セザンヌ論」「ゾラ論」(同時に2人の「伝記」にもなっている)だが、例えばセザンヌ『L・A氏の肖像』のモデルは「父ルイ・オーギュスト」と断定、それを論証していく著者の筆捌きは、「2人の訣別」真相追及同様、ミステリー小説の百倍は楽しめる。肝心の「訣別の真相」については敢えて書かない。ミステリー小説同様、ルール違反になるからだ。後は本書を読んで、大いに楽しんで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/28 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る