サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. アメリカで乳がんと生きる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アメリカで乳がんと生きる
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 朝日新聞社
  • サイズ:20cm/261p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-02-257497-6
  • 国内送料無料

紙の本

アメリカで乳がんと生きる

著者 松井 真知子 (著)

千葉敦子の凄絶な闘病から13年、アメリカのがん治療は大きく変わった。アメリカでがん告知を受けた日本人社会学者が、自らがん医療の最新現場を調べ、死と生と新たな出会いについて...

もっと見る

アメリカで乳がんと生きる

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

千葉敦子の凄絶な闘病から13年、アメリカのがん治療は大きく変わった。アメリカでがん告知を受けた日本人社会学者が、自らがん医療の最新現場を調べ、死と生と新たな出会いについて考える。末期がん患者の体験的レポート。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松井 真知子

略歴
〈松井真知子〉1950年愛媛県生まれ。ニューヨーク州立大学教育学部大学院比較教育学博士号取得。現在、南メソディスト大学外国語外国文学部日本語日本研究科準教授。著書に「短大はどこへ行く」。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/13 11:10

投稿元:ブクログ

 乳がんで夭折した僕の同業者であり、女性学者でもある、松井真知子さんの闘病記、というよりも「ガン告知後いかに生きたか」の記録。ガンに真っ向から立ち向かって行ったNYのジャーナリスト、千葉敦子さんとは対照的に、ガンとうまく付き合っていこうとした記録。だからタイトルも「乳がんと生きる」。
 後から考えてみると、上野千鶴子さんに会いたいがためにダラスで彼女が主宰した学会を僕が訪ねて行き、上野さん他と一緒に彼女の自宅を訪ねたのは、告知の後、本格的な治療が始まるまでの寛解期だった。僕は上野さんから聞いてはいたものの、松井さんはガン患者だとは全くわからないような元気さだった。夫君と会った記憶はないので、最愛の妻のガンを認められずに「写真家の仕事を取りまくっていた」頃だったのだと思う。
 素晴らしい夫君と友人たちに恵まれたとは言え、「もうやり残したことはない」と言い切れるまでの達観は僕にはとても真似が出来ると思えない。特に感動的なのは夫君とリトリート(他のガン患者と一緒の一週間の旅行)の話。手元に本がないので、正確ではないが「私が死んだ後、夫にはたまにでいいから思い出してほしい。そして、幸せになれるよう、再婚してほしい」という。亡くなる前にリトリートに一緒に行った母親とも和解できて本当に良かったと思う。
 合掌。

ガン ランキング

ガンのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む