サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. サラブレッド・ビジネス ラムタラと日本競馬

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サラブレッド・ビジネス ラムタラと日本競馬(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-660091-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

サラブレッド・ビジネス ラムタラと日本競馬 (文春新書)

著者 江面 弘也 (著)

サラブレッド・ビジネス ラムタラと日本競馬 (文春新書)

734(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2000/4/30朝刊

2000/10/21 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 かつて輸入種牡馬を次々と使い捨て「名馬の墓場」と批判された日本競馬。だが今では、海外で活躍する日本馬が登場する一方、外国産馬の浸透が日本の中小牧場を脅している。本書は、無敗で欧州三大レースを制した名馬ラムタラの輸入を軸に、世界規模のビジネスへと変ぼうした競馬の姿に迫る。巨額の資金が動く世界には目を見張らせられる。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/11 22:30

投稿元:ブクログ

コアな競馬ファンにとっては凄く面白い本。予備知識はかなり必要ですが。
日本人が身銭を切って購入した欧州最強馬ラムタラ。
その購入までの経緯を、海外競馬の状況や歴史の解説と共にまとめられてます。
結局ラムタラは大失敗だったわけですが、そのチャンレンジ精神はやはり日本競馬の進化に必要なものであると思います。

2012/01/09 19:46

投稿元:ブクログ

サラブレッドビジネス
90年代末までの競馬業界事情について。
英国ダービー、欧州競馬の最高峰である凱旋門賞など、わずか半年で3つのG1を制覇した名馬ラムタラが種牡馬として導入された頃の競馬事情を紹介している。著者はJRAの編集者からスポーツのフリーライターで、競馬の歴史や競争馬ビジネスの裏事情に詳しい。
この本では、欧州での競馬の成立から競争馬の取引の歴史、日本競馬の歴史と今後についても併せて解説している。
競馬には、庶民が親しんでいる賭けの対象としての競馬のほかに、出走させる側にも名誉と賞金獲得の対象としての競馬がある。生産者にとっては、競争能力の高い馬を獲得するために、良い種馬を導入して繁殖させることが最も効率的な方法であり、その取引がサラブレッドビジネスと呼ばれている。この本は90年代末に書かれたこともあって、当時のビジネス状況を解説しているが、今となってはやや内容が古い。当時、タイトルにあるラムタラが購入されたばかりで、今後への期待の言葉も書かれている。しかし結局、3000万ドルの高額で購入したにもかかわらず、子孫は期待したほどの成績も残せず二束三文で買い戻されたようだ。サラブレッドビジネスも賭けに近いものがあって、良い種馬から優秀な子孫が生まれるとは限らない。その難しさは、この本が出た後の現実が示しているように思う。

2011/04/18 22:30

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
金と暇にあかせた貴族たちの究極の遊びとしてイギリスで誕生した近代競馬が、一攫千金も夢ではないビジネスへと変貌するのに時間はかからなかった。
どうすれば富と名誉をもたらしてくれる「走る」馬をつくりだせるのか。
競馬よりもなおギャンブル性の高いサラブレッド・ビジネスと、それに取り憑かれた人びとの物語。

[ 目次 ]
1 奇跡の名馬
2 サラブレッド・ビジネスの成立
3 ドバイ・マクトゥーム一族の競馬
4 ラムタラを買った日本人
5 日本の競馬とサラブレッド・ビジネス
6 新時代の競馬ビジネス

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む