サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. ル・コルビュジエとはだれか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ル・コルビュジエとはだれか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 王国社
  • サイズ:20cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-900456-72-1
  • 国内送料無料

紙の本

ル・コルビュジエとはだれか

著者 磯崎 新 (著)

建築家イソザキアラタは、近代建築の巨匠ル・コルビュジエから何を啓示されたのか。30年以上にわたる著作の軌跡を辿りながら、そのコルビュジエ体験の真髄と愛着の原像を余す所なく...

もっと見る

ル・コルビュジエとはだれか

1,998(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

建築家イソザキアラタは、近代建築の巨匠ル・コルビュジエから何を啓示されたのか。30年以上にわたる著作の軌跡を辿りながら、そのコルビュジエ体験の真髄と愛着の原像を余す所なく収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

磯崎 新

略歴
〈磯崎新〉1931年大分県生まれ。東京大学数物系大学院建築学博士課程修了。建築家。講演・シンポジウム・美術展等、多彩な活動を展開。著書に「空間へ」「建築の解体」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

L・Cブームの反復と差異

2003/10/17 18:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:脇博道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ル・コルビュジエ(以下L・Cと略する)のブームは尽きることなく
続く。現時点でも、そのブームは十何回(何十回?)目の時期に当た
るといってもよいと思われる。磯崎氏の本棚にも、現在、L・C自身
の著作の原本及び翻訳が数十冊、研究書の類はその同数以上も並んで
いるという。20世紀を代表する建築家は、ほぼミースとL・Cにし
ぼられつつあると、本書にも記述されているが、まさしくその両極の
1人であるL・Cについて、氏が長年に渡り追跡してこられた成果が
本書に収録されている。

さて、幾多の研究書及び論考が存在するとはいえ、研究書の中で最も
重要かつ後代に大きな影響を与えたものは、おそらくコーリン・ロウ
という偉大なる建築史家が書いた「マニエリスムと近代建築」所収の
理想的ヴィラの数学、なる論考であると思われるが、1人の卓越した
建築家(勿論ここでは磯崎氏をさす)が、ずばり本質を見抜いた決定
的な論考としては、本書所収の、海のエロス、という文章であろう。

この文章は、磯崎氏が、自ら体験し、感知した、L・Cのラ・トゥー
レットの僧院、の空間的インパクトとその意味について書かれたもの
であるが、これほど、L・C建築の論理性と官能性という相対するイ
メージを、ひとつの文章に記述しつつ見事に昇華させた例は、ほかに
は存在しない。ぜひ一読して頂きたい名文である。

私にとってのアクロポリス、という素晴しい文章も収録されている。
L・Cに大いなる感動を与えたという廃墟としてのアクロポリスの
イメージと、氏が原風景として保持し続ける廃墟(これは必ずしも
アクロポリスに限定される訳ではないのだが)のイメージがスーパ
インポーズされて、これも他に類を見ない独創的な論考となってい
る。昨今の廃墟ブームの在り方とは一線を画すイメージが感得でき
る論考である。

L・Cの代表的作品のエッセンスを切取ったかのようなショットと
解説文が見開きに配された、ル・コルビュジエの仕事、と題された
最終章は、これだけでも、L・Cのデザインエッセンスを把握でき
うる、密度が非常に濃い章である。

本書をひもとくことにより、ル・コルビュジェとはだれか?という
難問に関する、ひとつの明解な答えが見えてくるおすすめの一冊で
ある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本経済新聞2000/4/9朝刊

2000/10/21 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:飯島 洋一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これまでに発表したコルビュジエ論を集成した本書において、著者の磯崎新は繰り返してひとつのことを語り続けている。それは一九六五年の夏に起きたル・コルビュジエの死だ。
 近代建築の巨匠、ル・コルビュジエは、南仏のカプ・マルタンの海岸で遊泳中に溺死した。それはもちろん唐突に訪れた一人の老人の死であるが、別の角度から見るともっと象徴的な意味合いを持つ出来事だった。というのも、ル・コルビュジエとは近代建築の代名詞のような存在であり、それが唐突に死を迎えたことは、言うなれば近代建築そのものの死が示唆されたともいえるからである。
 事実コルビュジエの死からわずか三年後の、一九六八年のパリ五月革命にはじまった「近代の死」という宣告を、私たちは世界的な広がりの中で目撃することになる。いま思えばそれは新しいポストモダンの始まりを指し示す事態だったわけで、近代建築を主導したコルビュジエの六五年の溺死は、その時間的な流れの中での奇妙な符号の一致を見せるのだ。だからこそ、コルビュジエに強い影響を受けながらも、ポストモダンの先導者となった著者にとって、その死の日付はいまだに重要なものとなっている。
 しかし急いで加えるならば、いま著者の磯崎がコルビュジエについて問い直す理由は、ただそれだけにあるのではない。コルビュジエの死からさらに三十年以上の歳月が経ち、私たちはポストモダンの終わりすらもすでに経験してしまったからである。そしてそのあとに一体何をはじめればいいのか、それがまったく見えて来ない時代にいる。
 著者がなぜいまこの本で「ル・コルビュジエとはだれか」、「近代とは何だったのか」と問うのか、その理由もまさにその先行きの不透明さに関っている。それゆえ本書は単に一人の巨匠をめぐる論というのではなく、先の見えない私たちの現在をめぐっての、さらなる考察を要求する一冊であるにちがいない。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/14 01:39

投稿元:ブクログ

磯崎新によるコルビュジエ解説といった本。アクロポリスのパルテノン神殿が、コルビュジエ建築の核心に繋がっているとしており、三島由紀夫の「アポロ杯」にも影響している。日本では、1960年代以降からコルビュジエを忘却、あるいはアンチテーゼ的な建築が始まる。建築思想の破壊であり、フランク・ロイド・ライトの建築思想とも関連する。
近代建築の5原則はコルビュジエの本で知っていたが、別途、3原則があり、それは、緑、太陽、空間であり、都市建築における基本的配慮の3大テーマである。その都市の考えるべき構成要素として、はたらく、すむ、いこう、めぐるの4つだそうだ。コルビュジエは、パリにおいて、ニューヨークの都市建築の信奉者であり、アメリカにおいては、ニューヨークの都市建築の批判者であったとの解説が面白かった。

2015/10/18 16:21

投稿元:ブクログ

建築家として著名な磯崎新氏がル・コルビュジエについて執筆したものをまとめたもの。同じ建築家から観たル・コルビュジエの作品への解説は具体性がありわかりやすい視座を提示してくれるが、それ以外の内容も十分に興味深かった。中でもアクロポリスの旅行経験から彼をヴァレリーと並列に語るそれはル・コルビュジエの近代性を明確に位置づけていると同時に、著者もまた彼の作品を経由して古典建築を位置づけていることが浮き彫りになっている。そして、近代と日本の接続の困難さも存在しているということに。

建築 ランキング

建築のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む