サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 恋人はいつも不在

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

恋人はいつも不在(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747159-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

恋人はいつも不在 (集英社文庫)

著者 唯川 恵 (著)

恋人はいつも不在 (集英社文庫)

432(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

恋人はいつも不在

432(税込)

恋人はいつも不在

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

漫画化してほしい

2002/01/30 02:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あこたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 恋人同士のすれ違いを、主人公の奈月、そしてその恋人時男の視点で書いた作品。全体的に、この手法に作者が不慣れの為なのか、読みにくかった。特に男側の一人称「俺」が何度も繰り返されるのには違和感があった。似たような小説では江國香織のきらきらひかるが、すらすらと読めてストーリーの展開の仕方も上手でした。

 会いたい時に、話したい時に恋人が不在、もしくは自分が「求めている」恋人の不在。その折に、恋人以外の異性に主人公が電話をする。そうした心の動きが、もう少し掘り下げて書いてあれば良かったように思います。恋愛一筋の女性が恋に破れ、仕事に生きがいを見つける、といった定番とも言える解答は少し安易かなと思いました。外に目的を与える事での終わりではなく、「不在」の恋人…自分との折り合いが書かれておられず、残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/11 23:39

投稿元:ブクログ

社会人3年目の主人公で、ちょうど境遇が同じと思い読みました。社会人3年目、仕事で言いたいことは言うようになるし、これで自分の人生いいのかと振り返ってみる年頃。学生時代の人と再会し、相手の変わりように焦ったり。キラキラひかっていると思っていた相手が実は人に言えない悩みを持っていたり。社会人3年目、25年も生きてくればいろいろあります。その点で共感できました。小説自体は軽いです。さらりと読める。

2006/08/20 23:44

投稿元:ブクログ

1つの仕事のミスから出社拒否になる時男と、その彼女である奈月のそれぞれの視点から綴られたお話。社会人になったばかりのときに読んだので、このリアルに感じられるストーリーになんだかすごく共感した話でした。

2009/02/24 20:28

投稿元:ブクログ

箸休めになった。専業主婦志望の女の子が独立志向になったり、仕事で行き詰った男の子が途上国にボランティアに行ったり、変化があからさまでわかりやすかった。
(「事務的に事務をこなしていった」という言い回しが気に入った。)

2007/09/02 22:06

投稿元:ブクログ

わたしの恋人も、いつも不在(笑)ぐだぐだというか、女々しいというか、正直あんまりおもしろくなかったかも。男性と女性の一人称が交互にでてきて面倒。最後がうまくまとまりすぎていて不満・・・。

2006/06/17 01:56

投稿元:ブクログ

大学の頃から好きだった時男と三年かけて、ようやく恋人関係になれた奈月。なのに、この頃、時男のやさしさが見えない…。そんな時、時男の昔の恋人・小夜子が現れる。派手な化粧がよく似合う小夜子にひかれる時男。そして、奈月の前にも、以前に告白された協介が…。社会人としても三年目を迎え、すれ違う恋人たちの心と、その成長を女と男、それぞれの視点から丹念に綴った長編小説。

2006/05/25 03:02

投稿元:ブクログ

男女両方の目線から書かれている。章ごとに分かれているのでわかりやすい。なにがすれ違っているのか、なにが足りないのか、がすごくよくわかって面白い。

2006/05/04 23:57

投稿元:ブクログ

1つの仕事のミスから出社拒否になる時男と、その彼女である奈月のそれぞれの視点から綴られたお話。社会人になったばかりのときに読んだので、このリアルに感じられるストーリーになんだかすごく共感した話でした。

2007/08/18 12:23

投稿元:ブクログ

大学時代の♂2人、♀2人周辺に起こりうる日常のお話。さらさらっと読めました。
'07.08.18読書完了

2006/08/14 17:53

投稿元:ブクログ

ずっと好きだった人とようやく恋人関係になれた奈月。なのに昔の恋人に惹かれていく彼氏の時男。2人の視点からそれぞれの心がかかれていて面白かった。

2007/01/11 15:20

投稿元:ブクログ

2人の男女が主人公のお話。面白かったはずなのにあんまり覚えてない。。σ(´ x `;*)ンート・・・2006.09

2012/06/12 10:22

投稿元:ブクログ

ありがちなお話なんだろうけど
家族のこととか、彼のこととか、奈月が自分に重なって
ひきこまれた。さくさく読める。
友達と恋バナしてるような感覚?

唯川恵って、そうなのそうなのそうなの!!!っていう心情や設定が本当に多い。
このお話は今の私にしっくりだったけど、
去年の私や来年の私にもしっくりくるお話がある。
すごいー

2007/11/22 18:48

投稿元:ブクログ

怖い。一応、ハッピーエンドなの?でも、怖い。菜月にものすごく共感する部分があり、菜月と一緒に傷つきました。

2004/10/03 22:51

投稿元:ブクログ

読んでいくうちに、すっかりハマってしまう唯川ワールド
奈月と時男が大人として、社会人として、成長していく様が見事に書かれています。
その辺りは、さすがですよね。
ラストは、大変後味の良い爽やかな感じを覚えました。
皆が皆、それぞれの道を見つけ、それに向かって歩き始めます

2010/04/27 00:05

投稿元:ブクログ

全体的にちょっと暗めでいやかなぁ。エイズ、レズビアン、離婚などなどいかにも作り話しっぽいのが勢ぞろい。
男ってなんでそうなのー?って思ったりもした。

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る