サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

影に恋して(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/311p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747157-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

影に恋して (集英社文庫)

著者 赤川 次郎 (著)

影に恋して (集英社文庫)

518(税込)

影に恋して

518(税込)

影に恋して

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.2

評価内訳

2006/11/27 01:20

投稿元:ブクログ

初めて読んだのは今から4年ほど前かな。そのときの私にはとても大人っぽい話で、主人公が大人の階段のぼってるのがまぶしくて、夢のような読み心地でした。若干結末とか、記憶はあやふや何ですが…。

2009/03/22 17:09

投稿元:ブクログ

赤川次郎の小説は今まで敬遠してきた。女子高生とか女子大生とかが絡み、軽い感じがして手に取れなかった。やっと解禁することにした。まずはこの本から。女子高生が主人公だ。

2009/08/21 21:00

投稿元:ブクログ

主人公が高校生の女の子なのですが、高校生の子とは思えないほどの落ち着きっぷり。
もっと、浅はかで衝動的なもんなんじゃないの?

2010/09/09 17:07

投稿元:ブクログ

【あらすじ】従妹の代わりにパーティーに出席することになった克美。そこで出会った法夫に心を奪われてしまう。でもこの恋はそう簡単にはいかなかった…

2011/08/10 05:53

投稿元:ブクログ

代理出席した宴会では壁の花。
それでも声をかけてもらい、送ってもらい、といえば、十分だと思える。

赤川次郎にしては、会話だけでなく、心理描写も丹念に書いている。
主人公が単に透明感のあるというよりは、やや暗めの性格という設定からだろうか。

もてもての学生演出家の透明感の方が怖いかもしれない。

2014/09/12 16:08

投稿元:ブクログ

ヤング向けで台詞も多く短いので、気合があればすぐ読み終わる。
ちょっと昔の作品、掲載誌がセブンティーン、だからなのか、合わなかった…。登場人物の思考と話の急展開についていけなかった。え、何故そうなるというツッコミ。みんなサラッと酷いことするのね。昼ドラか!
純朴だけど凛々しいヒロイン・少し性と推理を絡めたお話、で、昔読んだ赤川次郎を思い出した。中高生のとき読んだら楽しめたのか?

2015/11/25 15:24

投稿元:ブクログ

中学生のときだったか、初めて自分で買った小説。そのときは全く本に興味がなく知識がなかったので「あ」行の作家にしようということで手に取った本です。
情景をイメージしやすく、一気に読めて小説は楽しいものだなと感動したのを覚えている。

2012/08/01 20:53

投稿元:ブクログ

集英社のナツイチは毎年チェックしてます。
表紙に惹かれ手に取りました。

私は好きなジャンルが偏ってて、恥ずかしながら赤川次郎さんの作品は初読。


平凡な女子高生の克美が、お金持ちの従妹の玲子の代わりとして出席したパーティで、大学生の法夫と出会い、恋に落ちるところから始まる物語。


法夫は大学演劇で気鋭の監督兼演出家。


17歳の克美が、様々な登場人物にもまれながら「少女」から「女性」へと成長していきます。


感想ですが、なんとなく古臭いと思ってしまいました。
登場人物の名前とか(笑)


中身についてですが、恋愛を通して女子高生が女として成長していくわけなんだけど・・・・・・


すごくさわやかに書かれてはいますが、法夫の行動は克美にとってあまりにも残酷。


当の克美は最後、大化けするから、あんまり傷ついてないみたいなんだけどね。


けっこうドロドロしてる内容で、昼ドラとかにしたら受けそうだなって思いますが、登場人物はみんな若いからなんか中途半端な感じが否めませんでした。


下世話な感じで感想を言えば、純粋な女の子がビッ・・いやなんでもないです。

2012/07/13 14:20

投稿元:ブクログ

大学の演劇部がテーマ。軽快に進んでいくけど、結構ドロドロしてる。
こんな現実離れした17歳はないと思うけど、ドラマチックで派手な展開に一気に読み終えました。
赤川さんの書くジュブナイルって軽く読めるし好きだけど、全部似たりよったりな印象だなぁと改めて思った。
しかし、これ私が生まれる頃にセブンティーンで連載してたんか。

2012/07/05 20:55

投稿元:ブクログ

久しぶりの赤川次郎。
この人のこういう系の小説にしては珍しいオチっていうか、終わり方だったと思う。

そろそろ『セーラー服と機関銃』読まないと……と思っているところ。

2012/10/11 13:36

投稿元:ブクログ

んー克美はなんでこうも穏やかで全てを受け入れられるんだろう。
その理由や背景を詩情的に表現して欲しかったけどこの人はそういうタイプではないですね。
どんでん返しというか、オチをつけるタイプだけど今回はあんまり…

2012/09/20 22:22

投稿元:ブクログ

一日で読み切ってしてしまった作品。
大きく盛り上がるといった感じはしなかったのに、先が気になってしまって止まらなくなってしまった。
ここまで一気に読んだ作品は初めてかもしれない。

2012/11/25 18:23

投稿元:ブクログ

ほどよいハラハラ感。
何度も読み返しました。みんなの視点で進んでいくストーリーは新しくて面白かったです。

2013/07/17 20:55

投稿元:ブクログ

主人公の女の子がとてもかっこよかった印象があります。
ひどいことされても人のせいにはせず、凛として対応しているところに惹かれました。私も最終的な主人公のカッコよさを手に入れられるように頑張りたいなぁ!と思っています。

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む