サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. わがひとに与ふる哀歌 詩集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

わがひとに与ふる哀歌 詩集
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 日本図書センター
  • サイズ:20cm/160p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8205-2726-6
  • 国内送料無料

紙の本

わがひとに与ふる哀歌 詩集

著者 伊東 静雄 (著)

青春の誇りと痛みの絶唱に満ちた、昭和10年刊行の第一詩集「わがひとに与ふる哀歌」と、昭和15年刊の第二詩集「夏花」を収録。初刊のデザインを模したデザインの詩集。【「TRC...

もっと見る

わがひとに与ふる哀歌 詩集

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

青春の誇りと痛みの絶唱に満ちた、昭和10年刊行の第一詩集「わがひとに与ふる哀歌」と、昭和15年刊の第二詩集「夏花」を収録。初刊のデザインを模したデザインの詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

わがひとに与ふる哀歌 1-78
夏花 79-132

著者紹介

伊東 静雄

略歴
〈伊東静雄〉1906〜53年。長崎県生まれ。京都帝国大学卒業。詩人。「日本浪漫派」「四季」同人。悲壮感に富む技巧的な詩風を確立した。著書に「春のいそぎ」「反響」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

見えない人、見えてる人

2001/12/12 00:12

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しっぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 伊東静男の「わがひとに与ふる哀歌」昭和10年の発行です。ちょっと古い本なのでとっつきにくかったのも確かだけど、何度か読んでいるうちにだんだんひかれていきました。どこにひかれたのか。この人はきっと「見えてない」人だと思ったから。
 詩集のタイトルになっている「わがひとに与ふる哀歌」っていう詩の冒頭。
  太陽は美しく輝き
  或は 太陽の美しく輝くことを希ひ
この自信のない書き出しはなんなんだろう。そしてこの詩は、「清らかさを信じ」たり、「太陽を希っ」たりしながら「意志の姿勢」でやっと鳥の声を聞いたりしている。

 すぐれた芸術家っていうのは、現実の世界とはちがった別の世界の存在を、作品を通じて普通の人にも見せてくれるものだと思う。そして作家本人は、そのちがった秩序で構成されている世界が見えているのだと思う。いませんか、そういう人。独断で言うと、絵描きさんとか音楽家に多いような気がします。見えてる人って。

 伊東静男と同世代の詩人で言うと、中原中也なんかは見えてた人っぽいですね。だけど静男には見えてなかった。においや気配は感じてたんだと思う。それもかなりはっきりと。もしかするとすりガラスごしみたいにぼんやりとは見えていたのかも知れない。でも、はっきりは見えなかった。だから、そういう世界の存在を確信しながらも疑っていたような気がする。それとも、はっきりと見つめていながら、どこか現実の世界に近しさを感じていたのかも知れない。
 だから、静男の詩はどこか屈折があるような気がする。それもたんに現実に屈折しているのではなく、自分がそこによって立とうとしている「詩」の世界に対して屈折しているような気がする。ぼくはそこにひかれていた。

 ぼく自体は、やっぱり見えない人です。そういうものがあるのを信じていますが、見えない人です。だからあんまりはっきり見えると言う人は逆に信じられません。でも、気配は感じています。だから、もう何年も何年もずっと信じ続けています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/07 15:02

投稿元:ブクログ

さよなら、さやうなら、さよなら、さやうならこれは、この詩集には載っていませんけど。それに私は、伊東静雄という人について、詳しいことはほとんど知らないんですけれど。でも、本棚の端に、これを並べておきたいと思ったのです。何方かへの、「よすが」として。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る