サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 日本型ブランド優位戦略 「神話」から「アイデンティティ」へ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本型ブランド優位戦略 「神話」から「アイデンティティ」へ
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:20cm/258p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-50175-0
  • 国内送料無料

紙の本

日本型ブランド優位戦略 「神話」から「アイデンティティ」へ

著者 陶山 計介 (著),梅本 春夫 (著)

日本型ブランド優位戦略とは何であったのか、そしてそれはどのように再生させられるべきか。ブランドの今日的役割と、日本企業におけるブランド・マネジメントのあり方を問い直す。【...

もっと見る

日本型ブランド優位戦略 「神話」から「アイデンティティ」へ

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本型ブランド優位戦略とは何であったのか、そしてそれはどのように再生させられるべきか。ブランドの今日的役割と、日本企業におけるブランド・マネジメントのあり方を問い直す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

陶山 計介

略歴
〈陶山〉1950年岡山県生まれ。現在、関西大学商学部教授。
〈梅本〉1952年大阪府生まれ。現在、(株)大広大阪本社勤務。関西大学商学部非常勤講師。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2000/3/13

2000/10/26 00:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ビジネス - この投稿者のレビュー一覧を見る

一流ブランドと言えば海外の高級品、そんな連想が当たり前の我が国で、「何気なく手にしている身近な製品にもブランド・パワーは宿る」と説くのが本書である。
 確かに今、日用雑貨、食品、家電製品などには、商品開発の段階から戦略的に「ブランド性」が注入されている。しかしそれは欧州の製品のように伝統や歴史から形成されたものではなく、日本製品ならではの「普通のブランド」であるべきだというのだ。
 欧米企業に比べて個別製品に関するブランドマネジメントの歴史の浅い日本で、国際的パワーブランドを育成するためには、この社会の現状に合致させる戦略が不可欠という。そこで著者は、ブランドを製品・組織・人格・シンボルという4要素に分類して分析。それぞれの成功事例を紹介する。
 例えば花王のフローリング用掃除用具「クイックルワイパー」を取り上げ、アレルギー症が原因で電気掃除機が使えない家庭のニーズにピタリ合致する製品としてブランド化に成功した経緯を解説。6カ月の出荷額約60億円、同社増収分の3分の1を稼ぎ出した「普通のブランド」の持つ力を明らかにしていく。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/04 13:07

投稿元:ブクログ

1:DCブランド=デザイナーキャラクターブランド

2:クイックルワイパーには軽くて操作がしやすい機能的便益と、誰にもできる家族の一員として参加できる自己表現的便益をあわせもった商品である。

3:グローバルブランドを目指すか、それともローカル市場と関係を持っていこうとするかこれは選択だ。

4:ネームのピラミッド体系
①ハウスマーク(企業商標) - TOYOTA
②レンジブランド - ネッツトヨタ
③ファミリーマーク - カローラ
④個別商標 - カローラフィールダーxxx-xxxx

5:資生堂のかみおむつ事業(ピンポンパンツ)はブランドイメージのミスマッチで撤退を余儀なくされた。

6:クボタは地下水脈型で事業を掘り下げる一方で落下傘方で新たな事業機会を見出している。

7:自己シンボル型ブランド - 車や時計など自己表現する物
  情報収集型ブランド - 家電、薬など調べて慎重に買う物
  愛着使用型ブランド - ビール、タバコなどの嗜好品
  習慣合理化ブランド - 洗剤、調味料などの日用品

8:CMタレントのみが突出されて記憶されるブランドは弱い。

9:ソニーは常に自己否定し、これまでの成果をオブソリート(時代遅れ)にしていく。

10:山陽相互銀行→トマト銀行

広告・宣伝 ランキング

広告・宣伝のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む