サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

老人介護常識の誤り
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-434801-5
  • 国内送料無料

紙の本

老人介護常識の誤り

著者 三好 春樹 (著)

老人が本来もつパワーを引き出してこそ「介護」なのに、逆のことばかりしていないか。老人を受け身的対象から、生活の主体にするための具体的方法とその考え方を述べる。【「TRC ...

もっと見る

老人介護常識の誤り

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

老人が本来もつパワーを引き出してこそ「介護」なのに、逆のことばかりしていないか。老人を受け身的対象から、生活の主体にするための具体的方法とその考え方を述べる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

三好 春樹

略歴
〈三好春樹〉1950年広島県生まれ。特別養護老人ホームで老人のリハビリテーション等に従事した後、生活とリハビリ研究所設立。著書に「老人介護問題発言」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

理学療法士の経験を生かして年間150回の講演をこなす著者が軽妙に語る,「介護」の意味と具体的ノウハウ

2000/10/06 15:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鈴木 康之 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 筆者の三好 春樹氏は,特別養護老人ホームでPT(理学療法士)として,老人のリハビリテーションに従事。35歳で退職したあと「生活とリハビリ研究所」を主宰し,全国各地で年間5万人を動員する「生活リハビリ講座」を150回も開催している。著書も多く『介護覚え書』(医学書院)は,他の介護関係の本にも,参考文献としてよく引用される。
 氏は,今まで介護のプロ向きに20冊も本を書いてきたが,この本はプロだけでなく,家族という素人,特に介護なんかしたくなかったのに,せざるをえない状況に追い込まれた人も読んでもらいたいとしている。それは,最近「これからは家族という素人こそが介護の質を決めていく」と氏が考えるようになったからだ。
 前半は,介護というもののもつ意味が説明される。すなわち,人間は「元気」対「病気」という二元論で見ることはできず,その間にある状態の人のために「介護」が必要であること,その人のことをよくわかった家族の素人の介護の関わりが重要であることが語られる。
 前半の説明部分は,論理に多少の飛躍とこじつけがあり,医師と看護婦に対する必要以上の辛辣さも垣間見えるので,ついていくのがちょっと大変だが,語り口はなめらかでつぼを心得ている。
 特に後半部分は,「エアーマットでの床ずれ予防を売り物にしているような老人病院は,寝かせきりを売り物にしているようなもの」「デイセンターに出かけるのは,訪問介護100回分の効果がある」「ケアプランは本人と家族でも立てることができる」「埋め込みの広い施設の風呂が老人の入浴を困難にする」「『こんなものばかり食べていると長生きできませんよ』という食事指導は,何の説得力もない」「ベッドの利用や部屋の改造は老人本人と相談しながら進める」など,目からうろこの話がぽんぽんと飛びだして,イラストでのわかりやすく丁寧な説明も含めて,介護の素人には大いに参考になる。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/16 01:16

投稿元:ブクログ

三好春樹氏の本は、老人の介護看護医療にかかわる人は一度は読むべきだと思う。医師や看護師にかなり手厳しい批判があり、心苦しくもあるけれど、確かにと認めざるを得ない点が多い。ちゃんとやっている人も大勢いることも分かって欲しい、と思いつつ、でも思い知らされることも非常に多い。この本では尿道括約筋やベッドの幅、ポータブルトイレの形についてはしみじみ納得した。著者の信念は終章に書かれているこの言葉にでよく分かる。『私たちは人権という抽象的理念に興味はない。興味があるのはどうすれば目の前の障害老人や呆け老人がイキイキするか、ということである。そしてそれは、この人のベッドの高さは何センチにすればいいのか、ベッドの幅は適切か、手すりはどこに置けばいいのか、といったきわめて具体的なことをとおして実現されるのである。』私は痴呆症状は誰にでも起こる老化症状と思うよりも、病気だと思った方がいいと思うし、近所だからこそ散歩にも外出にも行きたくないという人が多いので、賛同できない部分もあるけれど、それ以上に学ぶものが大きい。

高齢者福祉 ランキング

高齢者福祉のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む