サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 〈図解〉わかる!国際金融 世界金融市場の動向とメカニズムとは?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

〈図解〉わかる!国際金融 世界金融市場の動向とメカニズムとは?
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:21cm/193,12p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-20057-2
  • 国内送料無料

紙の本

〈図解〉わかる!国際金融 世界金融市場の動向とメカニズムとは?

著者 ダイヤモンド社 (編著),牧野 昇 (監修)

金融市場の変化の中で、展開の著しい国際金融市場のしくみ、アメリカやユーロ市場の動き、外国為替の実情、デリバティブやヘッジファンドなどの基礎知識、金融リスクなどを図解をもと...

もっと見る

〈図解〉わかる!国際金融 世界金融市場の動向とメカニズムとは?

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

金融市場の変化の中で、展開の著しい国際金融市場のしくみ、アメリカやユーロ市場の動き、外国為替の実情、デリバティブやヘッジファンドなどの基礎知識、金融リスクなどを図解をもとにやさしく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

わかりにくい国際金融のメカニズムを平易に解説。図解入りで基礎的知識を網羅した入門書

2000/10/06 15:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一般のビジネスマンにとって,「金融」は最もとっつきにくい分野の1つではないだろうか。それも「国際金融」となると,「オフショア市場」「ユーロ市場」「金利スワップ」といった専門用語が多く,早々にさじを投げてしまうことも多いはず。本書は,国際金融の基礎を平易な文章で分かりやすく解説した入門書だ。「要するに『円高・円安』とはどういうことか」「そもそもデリバティブとは何か」など,一般に抱きがちな素朴な疑問に答えるといった内容。
 本来は難解なテーマを一般人でも理解しやすく,かみ砕いて表現するように配慮しており,例えば「オプション取引」の仕組みを,賃貸住宅など不動産契約の際の手付金にたとえて解説する。各テーマは図解入りで2〜4ページにまとめてあるため,1日に数テーマずつ読み進めていくのもよい。国際金融について最低限の基礎知識を知っておきたいと考える新人ビジネスマンなどには,最適の本と言えるだろう。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する