サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 医学
  4. 青年のひきこもり 心理社会的背景・病理・治療援助

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

青年のひきこもり 心理社会的背景・病理・治療援助
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:医療従事者
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 岩崎学術出版社
  • サイズ:22cm/244p
  • 利用対象:医療従事者
  • ISBN:4-7533-0001-3
  • 国内送料無料

紙の本

青年のひきこもり 心理社会的背景・病理・治療援助

著者 狩野 力八郎 (編),近藤 直司 (編)

「非分裂病性ひきこもり」に関する精神分析的公式化・家族精神医学的理解と症候学的診断における最近の臨床研究を展望。また、広く心理社会的な視点に立って様々な社会的資源を活用す...

もっと見る

青年のひきこもり 心理社会的背景・病理・治療援助

4,320(税込)

ポイント :40pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「非分裂病性ひきこもり」に関する精神分析的公式化・家族精神医学的理解と症候学的診断における最近の臨床研究を展望。また、広く心理社会的な視点に立って様々な社会的資源を活用することの重要性、実際的な活用方法も詳述。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

20代の青年に増えている「ひきこもり」を精神医学的見地から27人の専門家が解説

2000/10/06 15:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 分裂病ではなく,また分裂病質でもなく,人格障害でもない。しかし長期間にわたって「ひきこもり」をする20代の青年が増えているという。これは従来の精神医学で検討されてきた症候学では分類のできないものである。
 まえがきによれば,(1)すべての対人関係からのひきこもりではなく,一部の人とは交流する,(2)ひきこもりの開始が10代でも症例化するのは20代であったり,30歳代でのひきこもりもある,(3)治療や援助を求める動機付けの程度は低い,(4)本人が自発的に受診することは少ない,(5)単一の精神障害からではなく多様な精神障害から構成されている,(6)とはいえひきこもりは長期にわたる,(7)近年の社会・文化・家族の構造的変化と密接に関連しているように見える--と述べている。
 こうした症例に詳しい27人の専門家が26章にわたって解説している。最近,話題になることの多い,インターネットに没頭して家族や社会からはひきこもる症例や,不登校との関連についても言及している。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

精神神経科学 ランキング

精神神経科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む