サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 宮崎勤精神鑑定書 多重人格説の検証 改訂版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

宮崎勤精神鑑定書 多重人格説の検証 改訂版(講談社+α文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α文庫
  • サイズ:16cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-256410-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

宮崎勤精神鑑定書 多重人格説の検証 改訂版 (講談社+α文庫)

著者 滝野 隆浩 (著)

宮崎勤精神鑑定書 多重人格説の検証 改訂版 (講談社+α文庫)

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2007/03/11 11:38

投稿元:ブクログ

DES(解離体験尺度)
・気がつくと別の場所にいて、どうしてそこまで行ったのか自分でも分らない。
・自分の持ち物の中に新しい品物がある。しかし自分では買った憶えがない。
・身に憶えがないのに、嘘をついたと人から責められる。
・自分の体が自分のものではないと感じる時がある。

これらは、多重人格などの解離性障害の患者を見つけるために用いられているスクリーニングテストの質問項目の一部です。実際には、28項目の質問があり、経験がなければ0を経験が多いほど100に近い値を選ぶようになっています。
多重人格障害と判定された宮崎勤の2回目の精神鑑定においては、このテストは行われなかったのですが、もしも行われていたとしたら、鑑定の有力証拠の一つになっていただろうと言われています。たかだか、こんなテストが・・・
なぜ、精神鑑定において被告が正直に答えるなどと考えられているのか、全く理解できません。質問のうち、たった9項目に該当すると答えるだけで、解離性障害の疑いあり、と判定されてしまうのですから。刑事訴訟上の精神鑑定の危うさを、痛切に感じました。

2011/01/22 00:20

投稿元:ブクログ

ノンフィクションにはあまり手が出なかったが、
多重人格に興味があったこともあり読んでみた。

当時、幼い女の子を誘拐し自宅で殺害、その遺体をビデオ撮影したり、肉を食べたり、あげくには遺体を焼却してその小さな骨を家族のもとに段ボールで送りつけたりと、残虐このうえない手口で世間(特に小さなこどもをもつ親たち)を震え上がらせた宮崎勤事件。
オタクの象徴と言われた「宮崎さんちの勤クン」の頭の中が、いかなる構造になっているかものすごく知りたかった。
「精神鑑定書」は、供述に沿って書かれているのでいたって淡々としていて、だいたい想像通りの内容だったが、それに基づく精神鑑定がまっぷたつに分かれたこと、その理由がこの本の骨となっている。
すなわち、
1.宮崎勤は多重人格者である。したがって責任は問えない。
2.多重人格という病気は存在しない。宮崎勤の犯罪は、性格上の歪みによるものなので十分に責任を問える。
精神鑑定の権威が、このふたつの意見で相対してしまい、双方譲らず、結果的に精神鑑定はかなり長い時間を費やして二度行われたことになる。

ノンフィクションだからこそのリアリティに興奮しながら読んだものの、再度、読みたいとは思わない。

精神鑑定の権威っていっても、結局は自分の言いたいことだけ言って見たいものだけ見るというのは、常人と変わらないわけね。

講談社+α文庫 ランキング

講談社+α文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む