サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ローラ、叫んでごらん フライパンで焼かれた少女の物語

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ローラ、叫んでごらん フライパンで焼かれた少女の物語(講談社+α文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α文庫
  • サイズ:16cm/350p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-256411-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ローラ、叫んでごらん フライパンで焼かれた少女の物語 (講談社+α文庫)

著者 リチャード・ダンブロジオ (著),関口 英男 (訳)

ローラ、叫んでごらん フライパンで焼かれた少女の物語 (講談社+α文庫)

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2004/09/26 08:12

投稿元:ブクログ

この本が・・
あたしの 幼児虐待の本を読むきっかけとなった本です。
弱冠小学3年生のときに読みました。

2005/11/13 23:46

投稿元:ブクログ

サブタイトル通り、産まれたばかりで両親にフライパンで焼かれてしまった少女。
一命を取りとめてから施設で育ち12歳で出会った精神科医とローラは生き治す。
暗く重いエピソードだけど、読んでいてローラと一緒に自分も救われる。
読後は笑顔になれるお話。
タイトルで引かないで、ぜび読んで、ローラの成長を見てほしい。
2005年7月

2004/10/21 01:38

投稿元:ブクログ

確か、この話はノンフィクション。
レポートを書くために読んだのですが。
すごい壮絶です。
幼児虐待に入るのかな?
ローラが前進していく様と、それを手助けする人々の努力と。
テーマがテーマだけに、読むと得られるものはあると思います。

2012/05/17 12:23

投稿元:ブクログ

・「両親にフライパンで焼かれた」という店に衝撃を受け好奇心を刺激されて古本で手に取る。言葉を喋れず鼻水を垂らすだけだったローラの成長と周囲の人達の善意の記録であり、まさに人間誠意の記録。一気に読んだ。
・著者のダンブロジオ自信も障害者学級から誠意ある教師に救い出されていたという点が象徴的で、読んでいる最中に何度も頭を過ぎった。

2006/02/18 00:48

投稿元:ブクログ

これが本当にあった話なんだとおもうと泣けてくる。ものすごく泣いてものすごく感動した、すごく生きていきたいとおもわさせてもらった。

2007/06/05 03:12

投稿元:ブクログ

もう何年も前に、書店で頼んで購入。

フライパンで焼かれた、とすごく衝撃的な話なんだけど
その後の少女の再生は人の愛情によるもの。

重い話だけど、実話。

2011/06/07 19:16

投稿元:ブクログ

さて、またまた古本屋で100円。前から気にはなっておりましたが、なかなか読めず。今回購入してすぐに読んでしまいました。
幼児虐待に善悪の理論が入る余地はないと思います。が、この内容は、ただの虐待されて施設に預けられた女の子の話には終わりません。
 母親と父親の精神状態から入り込んでいます。そして、最終的にこの子ローラが自立し看護士として歩んでいくまで、どれだけ多くの慈愛に満ちた生活を提供してきたかという点が大きく関与しています。彼女を取り巻くさまざまな人の手助けがなかったらこの子はすでにこの世にはいないのかもしれません。それは、彼女が救急で運ばれた瞬間から動き始めた彼女の人生。
 はたしてここに登場する人たちのような愛は、私にはできるのだろうか。100%できなくても、私にもできたことがあったかしら。と愛についていろいろ考えさせられます。

 『みんな君が大事なんだ』

といった精神科医ダンブロジオ氏。

『それが愛というものなの?』

ときいた、ローラ。

最後に彼女がダンブロジオ氏やシスターたちと"さよなら"する最後の最後に"愛"とはなにかを自分で理解しようと努力したと感じます。
ここには時折その両親の精神分析の内容がでてきます。彼らを、どうこういう必要性はまったくなく、正常な人間にはとても理解できないことなので、ここはダンブロジオ氏の言葉のみをうけとめるように読みました。

女は、時として恐気、狂気になる瞬間があります。それをきちんと理解しておくことが幼児虐待を防ぐ第一歩だと、河合隼雄氏は断言しております。ここでは母親よりも父親の精神分裂が原因ということがネックになっております。
愛ってなんだろう。男女の愛だけに偏りがちな愛について、もう一度考えてみるのもいいかもしれません。

2007/01/05 21:57

投稿元:ブクログ

マジでフライパンで焼かれたんですよ、彼女...。こんな事あっていいんでしょうか〜?親の立場になった方には、冷静になってもらいたいものです。二度とこんな悲劇が起こらないように...。

2008/10/29 23:11

投稿元:ブクログ

感想思いつかない・・
気の毒といえばそうかもしれないけど、あえて本になったのがフライパンで焼かれたという部分がショッキングだったというだけなら、なんかかわいそう。

2010/01/27 23:17

投稿元:ブクログ

ローラという少女は1歳半の時泣き声がうるさいと言われ両親にフライパンで焼かれると言う虐待をうけ背骨は曲がり、顔には傷跡があり、そしてまったく言葉を話さない少女になってしまいました。
しかし精神科の先生に出会い、だんだんと変わっていき14歳になった時やっと言葉を話せるようになりました。そして彼女は最後には、自分の夢を語り前向きに生きていくというお話でした。
とても悲惨な話のなかでも夢のある前向きで感動する話でした。

2012/01/04 22:30

投稿元:ブクログ

再読日:2012年1月2日-4日
精神を病んだ両親からフライパンで丸焦げにされた赤ん坊ローラ。
大学時代にtitleと表紙の雰囲気に惹かれて購入しました。
今回読んで印象的だったのは、
ローラを献身的に支えていたSisterと精神科医です。
大学時代に読んだ時はローラの境遇と痛ましい姿が強烈だっただけに、
今回は支えた人達が印象強かったです。

特にSisterマーガレットとポーレット、クランシー夫人。
一番の問題は子を顧みない両親にあるのですが、
彼女達が居るからこそ、子供達が過ごせるんだと感じました。
Sisterや施設の子達皆がローラを全力で支えている姿に感銘しました。
「隣人を愛しなさい」等、キリスト教聖書の数節が所々頭に浮かびました。

2011/02/20 23:07

投稿元:ブクログ

泣き声がうるさい、そういって両親は1歳のローラをフライパンで焼いた。一命をとりとめた幼子は知的障害児として施設に送られるが、他者への恐怖と絶望から言葉を発することができなかった。12歳のローラが臨床精神科医の著者とめぐりあったとき、運命は新たなる道を辿りはじめた…。幼児虐待社会への痛切な告発であり、人間の誠意と愛の感動の記録でもあるヒューマン・ドキュメントのベストセラー、待望の新訳文庫化。

こんなことが現実に起こりえるなんて…そう思いながらも家族関係や人間関係がどんどん希薄になっている今、決して稀有な出来事ではなくなってきているんだろうな。。。と感じさせられた。
フライパンで焼かれたことによる身体的な障害だけでなく、心の傷は私には計り知れない。14歳までローラは話すことができなかったのだ!
献身的なシスター、温かい精神科医(著者)に支えられ、励まされ保母としての道を歩みだすローラの姿を追いつづけた1冊。
人間の愛情は人をどん底から救いだす力がある。
決して諦めず、休むことなくローラに立ち向かったシスターと著者の忍耐強さ、メンタルの強さ、包み込まれるような温かさ、優しさは現代社会を生きる私たちにとって励みになるものではないだろうか。

2012/02/07 21:15

投稿元:ブクログ

ローラの自伝ではなく、精神科医から目線で書かれた本です。
ローラが1歳の時、泣き声がうるさいとの理由から生きたままフライパンで焼かれました・・・。

生きる、生きていく、人間って・・・考えさせれられます。

2012/06/09 21:39

投稿元:ブクログ

作者のダンブロジオと神に仕えるシスター達の人間性に触れながら、ローラが少しずつ少女らしさを取り戻してゆく過程が詳細に描かれており、事実に裏打ちされた壮絶なストーリーの展開が読者の心を揺さぶる。ひとりの少女をフライパンで焼くという非人間的所業に立ち向かう人達の人間力が、この物語を深く厚みのある作品に仕上げている。とにかく衝撃の冒頭から感動のクライマックスまで一気に涙、涙のうちに読み終えてしまった。

2012/09/08 18:02

投稿元:ブクログ

幼児教育専攻してた学生の時に授業で紹介された本。タイトルからして印象的でよんでみることにしたんだけど児童虐待についてものすごく考えさせられたなあ。
心を病んだ親に虐待され、挙句フライパンでやかれ、感情や言葉、人間らしさといえるもののほとんどをどこか奥底にとじこめてしまったローラ。そのローラがめぐりあった人たちのはかりきれないくらいのあったかい優しい愛情によって、心を開いて、人間らしさ、希望を見出していくんだけどねもうね・・・なんていっていいかわからん!興味ないとかいわずにたまにはこういうの読んでみよか。

講談社+α文庫 ランキング

講談社+α文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む