サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 完本梅干と日本刀 日本人の知恵と独創の歴史

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

完本梅干と日本刀 日本人の知恵と独創の歴史(祥伝社黄金文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: 祥伝社黄金文庫
  • サイズ:16cm/651p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-396-31201-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

完本梅干と日本刀 日本人の知恵と独創の歴史 (祥伝社黄金文庫)

著者 樋口 清之 (著)

完本梅干と日本刀 日本人の知恵と独創の歴史 (祥伝社黄金文庫)

926(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

完本・梅干と日本刀――日本人の知恵と独創の歴史

832(税込)

完本・梅干と日本刀――日本人の知恵と独創の歴史

ポイント :7pt / 紙の本より94おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

伝統の握り飯

2004/02/14 00:30

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:北祭 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 後鳥羽上皇により1265年に再建された「三十三間堂」(京都)は有名である。矢を通すほどにまっすぐなお堂は全長128メートル。これまで700年を超える月日に耐えてきた。なぜ台風や地震に耐えられたのか…

 「現代の建築技術は、まず地盤を固めてから建てる。ところが三十三間堂はまったく違う。わざわざ地盤を不安定にするのである。不安定というより“動くように”といったほうがよいかもしれない。…地面を粘土や砂利など弾力性のある土壌で固める。この地盤に、水に浮きを並べるように柱をのせる礎石を置き、…いうならば、波に浮かぶ筏(いかだ)のようなものである。」

 たとえ地震がおきても振動が直接にはお堂に伝わらず、緩やかな地盤は地震が終わるともとの状態に復元するという。「驚くべき科学的精密さ」である。「日本には古来、すごい科学があった」と著者はいう。全651頁、次から次へと繰り出される実例の前に、ただ圧倒され、納得する以外にすべはない。

 <うまいもの>を食べたいという衝動は日本人にある古来からの特色であるらしい。米を主食とするのが何よりの証という。米を玄米のままで食べておれば、ビタミンA、BはもとよりC、F、Kといった稀少ビタミンもとれるのにそうはしない。半搗米にして蒸すと、これが<うまい>のである。搗くと澱粉質だけになるので栄養面での不足を補うために日本人は副食品に凝ることになる。ここに、世界でも類をみないほどに何でも食べるといわれる和食の秘密があるという。
 ともあれ「うまい米が食べたい」「これを保存して、どこへ行っても食べたい」という飽くなき衝動により白く輝く丸々とした伝統食品が生まれた…

 「米の保存からいうと、…半搗米にしたり、糠を取ったものを蒸すと、すぐに空気中の糀菌と接触して分解をはじめる。それを防ぐために生まれたいちばん素朴な方法が、<握り飯>である。
 握り飯をつくると、外側は空気に接触するから、かびが生えたりするが、中は腐らない。そこで握り飯の表面に<発酵作用を止める塩>をまぶしたり、ミソで包んだり、あるいは焼いて表面を<炭化>させておく方法を考えついた。
 なんとか<うまいもの>を食べたいという執念である。握り飯の原理をさらに徹底すると、ぎゅっと圧縮してつぶせばいい。それが餅である。餅は携帯食だから、<持ち飯>、長く保つからではなくて、<持って歩く飯>という言葉から生まれた携帯食の意味である。(餅も)表面だけを空気にさらすが、そのときに空気に直接触れないように、今日では<粉をまぶす>、これにより保存食としても完成したのである。」

 とても身近な握り飯やお餅。そんな日々の生活に密着した伝統食品のなかにも確かな<智恵>が秘められている。そして、本書によれば、その<智恵>の悉くに科学的な根拠があることが分かるのである。科学とは、それ自体では色もない。しかし、人が生きる上で必要な<智恵>を支え、これに寄り添う姿を見せたとき、そこに確かな価値が生れる。本書には、伝統と科学とが相反することのないひとすじの道が示されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/17 11:36

投稿元:ブクログ

日本考古学の第一人者であり博学の著者が、現在に生きる様々な日本文化についてあくまで客観的に紹介している。江戸時代の記述が多いので読後は東京めぐりをしたくなるのは間違いない。著者は学者であるので単に今の日本は堕落して昔はよかったという懐古主義ではなく、日本の伝統的な食事や文化、社会制度には現代でも生かせる有用なものが多いし、科学的にも優れているものが多いことが証明されてきていると、述べている。
タイトルは「菊と刀」をモジっていることは明白。

2007/07/04 21:10

投稿元:ブクログ

切り口斬新な日本文化論。これまでになかった新たな角度で日本文化史をおっていきます。

かなり感銘受けましたねーー。うん。日本文化史の金字塔です。

日本の文化ってややもすればひどく遅れていて、非合理的でナンセンスだなんて言われたりもするけれど、そうじゃないんですよね。

すっごく合理的で、日本人に馴染んだ素晴らしいものばかり。日本人ということに改めて誇りを持てるようになります、これ読むと。

日本人っていまだに欧米コンプレックスが強いっていうか、「アメリカではこうなのに日本は・・・」、「ヨーロッパではこんな素晴らしい制度が・・・」とかしばしば耳にするけど、そんなに日本のやり方ってひどいものなんだろうか?

もしそうだとしたら、日本はここまでの発展をとげられなかったでしょう。翻って言えば、日本は理にかなった素晴らしい文化・制度を持っていたからこそここまで発展できたんだと思います。

欧米の制度=善で日本の制度=悪みたいな、欧米盲信が日本人に根付いてしまっていて、多くの素晴らしい日本文化・制度を放擲してきてしまったきらいがあります。そして、今でも、欧米でよしとされる制度をそのまま日本に移植したりすることも多くあります。でも、宗教・文化・民族性等々バックボーンが大きく異なる制度を日本にそのまま移植してうまくいくかと言ったら、疑問です。

欧米で成果をあげたことが日本でも成果をあげるかといえば必ずしもそうではないし、また逆もしかり。何でもかんでも欧米の制度を是として喜んで奉ってるばかりいるようではいけませんね。

今こそもう一度日本文化を見直して、いかに日本人が優れた文化・制度を持っていたかを再認識することが必要なのかも。菅原道真が言った『和魂漢才』という言葉の意味を改めて考えさせられます。んーー素晴らしい言葉ですね(*´ー`)

2007/11/23 18:18

投稿元:ブクログ

文書資料より考古学に重きを置いているように感じます。日本歴史学者では珍しいのでは?多少こじつけっぽいところもありますが考え方が参考になりました。

2013/12/15 08:12

投稿元:ブクログ

日本の優れた点をこれでもか~というくらいに書いて650ページ。
しかも偏狭な見方ではない。
新刊本の書店では品薄な本だと思いますが、見かけたら手に入れるべきだと思います。

2011/05/31 00:00

投稿元:ブクログ

すばらしい。読んでて、日本について全然知らなかった事だらけ。日本人の素晴らしさを知って元気がでる。身近なところでは、会社に新入社員が入って飲み会で潰したり、一発芸させたり、っていうことも、古来から理由があって似たようなことがやってたんだということも知って驚き。僕らが普通だと思ってやっていることは、大体昔からの名残かもしれない。由来を知った上で行うのか、そうでないかを分けるのが教養なんだなぁと思った。

また、地震や津波を、テクノロジーで防ぐのではなく、受け流す、という考えを持っていたよう。今こそこういう考えが必要なんだな、と震災後に読んだために強く思う。壁を何M立てました!!って考えは自然は征服できるものだ、という西洋の考え方であり、日本には相容れないんだろうな。(もともと災害多いところだし)

こういうのをテレビでやったら面白いのになぁ。

2013/08/15 23:09

投稿元:ブクログ

日本の伝統的な文化を見なおし、そこに隠された知恵を解き明かした本です。

日本食が健康に良いことや、日本の工芸・技術の優れていた点などを指摘し、また、前近代的で封建的だと批判されがちな日本社会が、互いの信頼によって結ばれた優れた社会であったと論じています。

2011/04/13 20:36

投稿元:ブクログ

樋口清之氏はおそらく、『和食=健康に良い』という世界の共通認識を作り上げた人物の一人に数えられるだろう。

日本食はなぜ健康に良いのか?
日本人はなぜ、『東洋の奇跡』と呼ばれる復興を果たし得たのか?
日本人はなぜ器用で勤勉なのか?
日本の官僚はなぜ腐敗しやすいのか?

様々な見地から『日本人』を語る逸品。

例えば日本刀は世界で最も『折れず曲がらずよく切れる』を体現した刃物だと言われているが、そもそも日本で製鉄が出来ること自体が驚くべき事なのである。
鉄を融解させるには、コークスなどの高エネルギー燃料でなければ本来不可能らしい。ところが日本ではコークスは取れない。古代の日本人は『たたら』による製鉄によって、世界に類のない『玉鋼』を生み出した。優秀な刃物として知られるドイツの『ゾリンゲンナイフ』は日本刀の製法をモデルにしたと言われている。
梅干しと白米、いわゆる『日の丸弁当』はほとんどデンプンだけ、という一見して非効率、非科学的な食事に見えるが、たった一粒の梅干しがデンプンを吸収しやすくする作用を持つ。梅干しによって白米のデンプンをほぼ完全にエネルギーに変えることが出来る。

日本の品種改良技術には1600年以上の歴史がある。そもそも米の一反当たりの収穫量は小麦の四倍ほどであるが、その中でも日本の米は東南アジアに比べてもさらに倍以上の収穫がある。これは日本の多様な気候に適した米を作り続けた努力のたまものであり、『一所懸命』の精神構造の根底にあるものである。100年足らずで北海道の気候に即した品種を作り出した事にも注目すべし。


などなど、実に興味深い話ではある。
近代歴史観は司馬史観に近いものがあるが、その論拠が主観ではなく過去のデータの蓄積に重きを置いているので、司馬史観よりも理屈に走りがちである。栄養学、生理学、地学、治水学、農学、材料工学等の様々な見地から日本人を解く。

樋口清之氏の『逆・日本史』(1~4)と併せて読みたい本。

2011/10/30 15:02

投稿元:ブクログ

戦前の日本人が作り上げて来たシステム

農耕民族が培ってきた「相互信頼」

今では前近代的と思われるような事も、
実は日本人が経験則から得てきた、
日本の風土に合う合理的なやり方であった。

ただ、世界とのつながりが増えた現代に於いても
合理的であるとは限らない。

全世界を含めて、「相互信頼」というものを
構築することができたらよいと思う。

2012/08/21 11:48

投稿元:ブクログ

オススメの理由
知恵と独創性にあふれた日本文化の再考とそこから得られるものについてご紹介したい。

推薦者のページ

祥伝社黄金文庫 ランキング

祥伝社黄金文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む