サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

猿の惑星(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011300-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

猿の惑星 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 ピエール・ブール (著),高橋 啓 (訳)

猿の惑星 (ハヤカワ文庫 SF)

670(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

人間の知的限界とは…

2002/01/04 02:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星崎マコト - この投稿者のレビュー一覧を見る

 2001年の夏に公開され、圧倒的なビジュアルエフェクトで甦ったティム・バートン監督作品「猿の惑星」。また、年末にも某民放の洋画劇場にて、1968年に公開されSF映画ファンの中ではカルト的な人気を誇るチャールストン・ヘストンが主演した「猿の惑星」も放送された。2001年は「猿の惑星」が映画を通じて、1つのムーヴメントを引き起こしたといって過言ではないだろう。では、なぜ今頃「猿の惑星」なのか。それは傲慢な人類への警笛というピエール・ブールのメッセージが時代を超えて共感されるものなのだからだろう。

 この「猿の惑星」の著者ピエール・ブールは、小説の中で人間が今まで蓄えてきた確かな知識を再検討しながら、そしてそれが持つ意味合いを再び人間に問いかける。ここで確実に私たちに迫りくる恐怖感は、著者の確かな知識の積み重ねがなせる業である。どちらの映画とも違う原作の展開は、映画とはまた違うアイロニカルな視座を体験できて心地よい。しかし、この心地よさは同時に私たちを絶望の深淵へと誘う。人間とはいったい何なのか。これから人間は何をやらなければならないのか。恐怖感と同時に襲う強迫観念こそ、人間が人間たらしめるものかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/18 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/15 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/31 07:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/24 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/19 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む