サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リストラと能力主義(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-149489-9
新書

紙の本

リストラと能力主義 (講談社現代新書)

著者 森永 卓郎 (著)

リストラと能力主義 (講談社現代新書)

734(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

あざやかな手なみ

2001/08/29 06:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よんひゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新書というと、おもしろいんだけど、もうひとつくいたりない、という感想を抱くことが多いのだが、これはびっちりと中身が詰まっている。日本でいま行われているリストラという名の雇用調整がなぜうまくいかないのか、単に労働者の生活を守るという視点だけからではなく、日本社会の仕組み、諸外国との比較によって明確に説明される。筆者の提言が現実的かどうかはさておき、問題点を抉り出す手なみのあざやかさは、読んでいて気持ちがいい。

 しかし、結論は「市場原理にのっとった正しい能力主義のススメ」といったところで、もともと能力があまりない人、育児や介護の問題を抱え、フルに働けない女性などへの目配りはまったくなし。途中でオランダの話で、パートタイマーの均等待遇によるワークシェアリングの成功例が出てくるのだが、日本にはこの処方箋はないのかな? もっともそんなことをしたら、パートの安価な労働力に依存している中小企業は、たちまちつぶれるだろうけど。

 ともかく、これだけの内容をわかりやすく伝える能力はたいしたものである。この筆者のほかの本も読みたくなってきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日経ビジネス2000/4/17

2000/10/26 00:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:斎藤  貴男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ほとんどの人々が誤解している。というより、無理にもそう考えておいた方が精神的に楽なのかもしれない。グローバライズされた市場原理の下では、昨今のようなリストラの嵐は不可避なのだ、と。
 だが断じてそんなことはない。暴走しているのは市場原理ではなく、実は日本企業の“大本営”、すなわち人事部門や役員会にほかならないと、著者は指摘するのである。
 “大本営”流リストラには、大きく分けて4つの誤りがあるという。消費税率の引き上げや医療費負担増が重なった最悪のタイミング。生産性向上や雇用吸収が追いつかない、速すぎるスピード。インプット削減だけで事足れりとする間違った方向性。そもそも、能力主義(正確には成果主義)という考え方に対する致命的な見落とし…。
 “見落とし”論が特に興味深い。著者によれば、雇用慣行を特徴づける分析軸には、能力が平等かという縦軸のほかにも重大な横軸が存在する。能力主義を謳うなら職種や勤務地に本人の意思を尊重する個人優先主義が伴わなければならず、会社側の都合でそれらを選ぶ企業優先主義を採るのなら、結果の平等が図られる必要が生じるのである。
 自由だが自己責任を問われる米国は前者、不自由だが会社が責任を負ってくれる日本は後者。長く続いてきた両極は、それぞれが合理性を持っていた。本書は言う、「ところが、いま多くの日本企業が行っているリストラは、能力主義を急速に強化しながら、依然として企業優先主義を放棄していない。これは犯罪的な行為である」と。
 税制も個人に自己責任を求める姿勢とは完全に矛盾している。源泉徴収と年末調整のシステムで、個人の所得税納税の一切合切を勤務先に委ねるサラリーマン税制がある限り、日本人は永久に自立できない。
 本書の言葉を借りれば、「いま行われているリストラは、従業員をロープでぐるぐる巻にして海に放り込み、『さあ、自分で泳ぎなさい』と言っているのに等しい」。
 だから、誰も冒険しない。まるでスターリン体制下の旧ソ連のように、思想統制も含めた恐怖政治が企業社会に罷り通る。「ただ目立たず、はしゃがず、決してボロを出さない、そしてひたすら会社にしがみついていくだけのサラリーマンが急増している」と指摘する。リストラを語りつつ、鋭い文明批評にも仕上がっている。日本の本質を抉る分析が、フリージャーナリストや評論家でない、金融系シンクタンクという企業社会の内部から登場した意義は極めて大きい。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/04 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/13 06:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/24 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/16 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/30 08:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む