サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. OLの創造 意味世界としてのジェンダー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

OLの創造 意味世界としてのジェンダー
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 勁草書房
  • サイズ:20cm/229,22p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-326-65229-2
  • 国内送料無料

紙の本

OLの創造 意味世界としてのジェンダー

著者 金野 美奈子 (著)

職場を男性・女性という異なったカテゴリーでとらえるという見方自体がどのように生まれ、その後どのような具体的な意味を担うことになったのか。明治後期から高度成長期に至る、女性...

もっと見る

OLの創造 意味世界としてのジェンダー

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

職場を男性・女性という異なったカテゴリーでとらえるという見方自体がどのように生まれ、その後どのような具体的な意味を担うことになったのか。明治後期から高度成長期に至る、女性事務職の意味の変遷を辿る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

金野 美奈子

略歴
〈金野美奈子〉1966年東京都生まれ。ペンシルベニア大学社会学科修士課程修了。現在、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程に在籍中。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本経済新聞2000/4/9朝刊

2000/10/21 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鹿島敬 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 女性社員の職場での位置付けがどう変化してきたかを、明治にまでさかのぼって検証した労作である。興味深いのは、少なくとも明治期にあって、女性社員は男性社員と「交換」が可能な存在だったという指摘だ。当時、女性の職場への参入に対して、男性の職を奪うのではないかという「敵意」が存在し、それは両者の仕事に明確な線引きがなされていなかったからではないかという。
 今は、男性と女性の職域に大まかなすみ分けが成立し、そのため中高年男性の失業が女性のせいといった議論はまず成立しない。では、女性の職場での地位低下にもつながりかねない「交換可能」から「不可能」へという転換はいつごろ起きたのか。著者は、明治期、戦時下、戦後の女性事務職の変遷をたどりながら、ジェンダーの視点、すなわち男性事務職との比較の中から浮き彫りにする。
 結論を言えば、女性向けの仕事である女性職が顕著になるのは六〇年代以降。高度経済成長期がターニングポイントになっている。戦前までは男性事務職の勤続年数も長期化していなかったが、六〇年代に入るとそれが目につく。同時に男性には「一人で家族を養うこと」が期待されるようになり、女性事務職には結婚、出産のために早期退職のプレッシャーがかかりだす。やがて男性の仕事は「判断事務」、女性は「作業事務」という区分けも生じる。
 著者は膨大な資料を渉猟しながら、その変遷を綿密にたどる。戦時下の女性労働の位置付けがどんなものであったかなども、面白く読める。女性労働の積極的活用が説かれ、仕事そのものの女性仕様への転換まで検討される。有事にあっては男性の代替労働力、平時は家庭維持責任の期待と、時代の節目節目にあって、女性がほんろうされる姿が浮かび上がる。
 あえて注文を出せば、九〇年代以降の女性事務職の実態にもメスを入れてほしかった。年齢による区分け、有期雇用という名の性別分離が進行する現実は、本書で展開してきた尺度とは別の視点のジェンダー論が必要にも思える。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/25 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る