サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 犬の日本史 人間とともに歩んだ一万年の物語

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

犬の日本史 人間とともに歩んだ一万年の物語(PHP新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP新書
  • サイズ:18cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-569-61012-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

犬の日本史 人間とともに歩んだ一万年の物語 (PHP新書)

著者 谷口 研語 (著)

犬が唯一の家畜であった縄文時代から、犬狩で追放された平安時代、犬追物がブームになった室町時代、軍用犬が初めて組織された近代まで、日本史上の犬にまつわるユニークなエピソード...

もっと見る

犬の日本史 人間とともに歩んだ一万年の物語 (PHP新書)

713(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

犬が唯一の家畜であった縄文時代から、犬狩で追放された平安時代、犬追物がブームになった室町時代、軍用犬が初めて組織された近代まで、日本史上の犬にまつわるユニークなエピソードを多数掘り起こす。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2000/5/7朝刊

2000/10/21 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本人に犬好きは多い。だが、昔から犬をかわいがっていたのかというとそうではない。本書は日本中世史を専門とする歴史研究者が、日本人と犬の関係を縄文時代からたどっている。歴史の変遷の中で、日本社会における犬の位置付けは激しく浮き沈みする。その様子はまさに波乱万丈。犬好きでなくても引き込まれてしまう。
 徳川五代将軍綱吉の「生類憐みの令」は、余りにも有名だが、綱吉が亡くなると、庶民の憎悪は犬に向けられた。平安朝の貴族社会では、犬は「厄介な存在」であったし、室町時代には犬を的とする犬追物(いぬおうもの)が武士の鍛錬法として流行する。
 過酷なのは、鷹狩(たかがり)をめぐる犬たちの明暗だ。鷹狩用の犬、つまり鷹犬は「御犬」と呼ばれて大切にされたが、駄犬は鷹の餌(えさ)にされてしまう。犬の世界も人間と同じで弱肉強食。餌となった犬たちを哀れみたくなる。
 本書を読むと、人間と犬の間には長きにわたって緊張関係が続いていたことが分かる。特に、「犬を食う人、人を食う犬」と題した章は、犬好きには刺激が強過ぎるかもしれない。だが、これも歴史の一断面なのだ。
 現代の日本では「猫かわいがり」ならぬ、過剰な「犬かわいがり」が見受けられる。その半面、「毎年、日本全国で十数万匹という犬が『処分』されている」という事実。本書は、犬の歴史を通して、日本人と自然との関係を浮かび上がらせる。だとすると、今日の現象は、どう解釈すればいいのだろうか。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/18 12:49

投稿元:ブクログ

さまざまな古い文献から過去の日本における犬の位置づけを把握し、
日本人が犬とどのように付き合ってきたかを紐解く内容。
いかに日本人がペットというものに対して軽薄か
また、血統を守るということについて無頓着かが露呈する。
逆に血統を原点回帰させようという人(団体)については
「日本に純血種がいた時代などなかった」ということを
著者は言いたいらしい。(たしかにそうだ。)

2010/09/15 13:58

投稿元:ブクログ

日本の犬は「ありのままの犬」だった、と著者は言う。
我が屋号DogsByNatureは江戸時代にまでさかのぼるのか?イギリスで感じた犬のあり方から発した命名だったが、日本の犬観にも通じるのか、と一瞬嬉しくなってしまった。
戦後の狂犬病対策から日本の犬事情はより現代のかたちに近づいた、とどこかで聞いた。日本人の犬観ってもっと歴史をたどれば奥深いのかもしれない。
日本のありのまま観とイギリスのありのまま観の違いをもう少しじっくり勉強してみたくなった。

2014/12/28 18:32

投稿元:ブクログ

犬の歴史について知りたくて読書。

犬を中心に日本史を知ることができる。引用資料等が豊富。

興味を持ったのは日本人が犬を食用していた歴史。狂犬病の歴史。いわゆる日本犬についての歴史。

日本人が犬を食べていたという明確な資料や本をあまり読んだ記憶がなかったので勉強になる。現代は、日本人が自覚している以上に敗戦を契機に価値観が大きく本当に大きく変わったんだなと思う。

世界では、いまだに死者を出す狂犬病。昔、昔から存在するのに完治撲滅ができないは不思議だ。

今、多くの人が日本犬と思っているのは狩猟犬であり、日本犬の一部に過ぎない。本来の存在していた街の犬などは絶滅してしまったとすると寂しい。秋田犬の歴史が意外にも浅いことは初耳。

先の大戦で、軍用犬として推定10万匹が中国大陸へ送られて返ってきていないらしい。そうすると今もその系統が中国で生きているとなるのだろうか。

読書時間:約50分

本書は日本領事館大連出張所でお借りしています。有り難うございます。

2012/12/24 00:26

投稿元:ブクログ

「犬」というと飼うものというイメージが強い。お隣の国である韓国では「食犬」と呼ばれるものも存在するのだが、日本でもかつてはそういった文化が存在した。
日本人と「犬」の関係は一万年の間、切っても切れない関係となったのは言うまでも無いのだが、本書はその関係の深さについて考察を行っている。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む