サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

フェリシアの旅(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/298p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-284901-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

フェリシアの旅 (角川文庫)

著者 ウィリアム・トレバー (著),皆川 孝子 (訳)

フェリシアの旅 (角川文庫)

761(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

無垢の可能性

2001/09/23 19:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こふきいも - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者ウィリアム・トレバーはアイルランドの人気作家。テレビなどの他メディアでも活躍している。本書は彼の近作であり、映画にもなった。アイルランドの片田舎に住む世間知らずで気心の澄み切った17歳の少女フェリシアと、イギリスの小都会に住む孤独な肥満男の偶然の出会いと悲劇的な結末を、時間の経過とそれぞれの重要な過去の回想もまじえて描く。作者は、何を取っても対照的な二人をとくに性格や世間知の点から相違を際立たせ、男とフェリシアの破滅まで、乱れない筆致で追う。物語全体としては、とくに息を飲む、という物語り進行ではないし、それに似た場面も少ないが、二人の行跡、心の動きは迫真であり、何気ない散文から実感にいたるまで伝わってくる描き方が見事である。ただ、読者の意見が大いに分かれるであろうのは、先に悲劇的と書いた結末であろう。男は自らの宿業たる孤独とそれに足をとられた自らに、ある方法で決別を果たす。少女は自分の足をとられそうになった運命から脱出を図るが、その果てにある地平にたどり着くが、それがフェリシアの無垢からの決別のあかしなのか、成長なのか、絶望なのか、作者はあえて意見らしいものを述べない。物語のすべてはここに焦点をあわせられているのは疑えないが、そうであるからこそ、読者にもフェリシアにも、旅の決着点とは何なのか、と考えさせるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/26 15:55

投稿元:ブクログ

フェリシアの言動のみをみていると、とてもこれが現代の物語とは思えないほど。物語の最後で、“自分はまだ何かを選択できる”とつぶやく彼女が、やっと現代にはまってくる感じで、皮肉というか、苦さを感じさせる。題名にフェリシアの名が冠されてはいるが、彼女と出会うヒルディッチ氏の孤独と心の闇に、より強い印象を受ける。それにしても、文庫版のカバーの後ろにある、「家出娘たちを捜し出し、・・・助けの手をのべ・・・殺す。・・・彼女を追いつめていく」といった、まるで、サイコキラーもののようなあおり文句は腹立たしい。ペーパーバックでもサイコパスといった言葉を使っているけど、余計なお世話。映画が先行していたので、仕方ないのかもしれないが・・。殺すといっても、原作では、最後の方のヒルディッチ氏の回想のなかで暗示され、フェリシアの直感として描かれているにすぎず、追いつめられたのは、むしろ氏の方。そういう先入観なしに、作品で最初に描写されたままの(母亡き後、自分のお気に入りの小物で部屋を飾り、こぎれいに暮らし、食べることが何より好きで、町工場の食堂責任者としても人望がある)平凡な中年男としてヒルディッチ氏をとらえ、読み進めていくほうが、どんなに面白かっただろうと、残念に思う。――Felicia's Journey by William Trever

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む