サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. ITパワー 日本経済・主役の交代

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ITパワー 日本経済・主役の交代
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:19cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-569-61009-9
  • 国内送料無料

紙の本

ITパワー 日本経済・主役の交代

著者 中谷 巌 (著),竹中 平蔵 (著)

急速に進んでいくデジタル革命による、ITパワーの台頭。機械が主体の工業化社会から、知識や情報が主体のデジタルサービス社会に移行していくだろうとの予測のもとに、転換期をむか...

もっと見る

ITパワー 日本経済・主役の交代

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

急速に進んでいくデジタル革命による、ITパワーの台頭。機械が主体の工業化社会から、知識や情報が主体のデジタルサービス社会に移行していくだろうとの予測のもとに、転換期をむかえた日本経済について議論する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中谷 巌

略歴
〈中谷〉1942年大阪府生まれ。一橋大学経済学部卒業。多摩大学経営情報学部教授、ソニー取締役。
〈竹中〉1951年和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒業。慶応義塾大学総合政策学部教授。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

にっぽんコラボレーション文化!

2002/05/09 20:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岡野義高 - この投稿者のレビュー一覧を見る

Q 日本のIT革命はうまくいくんだろうか?
A みんなが変われば、自分もなびくのが日本。変わるときは、一気に変わる。

Q 日本人は独創性がない、と言われるが、国際競争に勝てるだろうか?
A 日本は、連歌のような、コラボレーション文化がある。むしろ、強みなのでは。

世界中で、IT化が進み、グローバル化が進み、国際的な大競争、が始まるという。
しかし、本書は、いたづらに不安にならなくてもよいのだ、という気分にさせてくれる。明快な回答をくれて、安心させてくれる本だ。

たしかに、日本は、隣の韓国なんかとくらべると、ITに関しては遅れているようだ。
それでも、まだ、ケータイがある。
コンテンツだってそうだ。
マンガ、アニメ、ゲーム、そして、それらのキャラクター。
ポケモンや千と千尋の神隠しをはじめ、日本のサブカルチャーは世界中で大人気なのだ。
そんなに悲観したものでもないのである。
バブルのころ、日本は経済だけが一流で、文化は三流だ、などと言われていたけれど、いまやカルチャーは一流といってもいいくらいなのだ。

また、独創性について、連歌のコラボレーション文化を持ちだしたのは、とてもおもしろい。
考えてみれば、アイディアは、1人の人間が机に向かって、ゼロから生みだすよりも、人との雑談のようなコミュニケーションのなかから生まれてくることが多いのだ。
コラボレーションというと、なんだか難しそうに感じてしまうけれども、雑談のなかから、いいアイディアがでてくるだけのこと、と考えればできそうな気がしてくる。
それに、日本人はもともと「和」を重んじるし、チームワークのなかから何かを生みだすのは得意中の得意だ。
コラボレーションに向いているのである。

本書は、ITだけでなく、日本人であることに自信をなくしているような人にこそオススメだ。
日本の知識人や文化人は、日本や日本人の悪口をいう人が多い。
批判するほうが、かっこよく見えるからだろうか。
だから、元気づけてくれる人や本って、すごく少ない。
その点、本書はとても貴重な存在だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2000/3/27

2000/10/26 00:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経コンピュータ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 元一橋大学教授で現在はソニーの社外取締役である中谷巌氏と,慶應義塾大学教授の竹中平蔵氏が,日本のIT(情報技術)革命の将来像をディスカッション形式で語る。経済学者として著名な両氏は「工業化社会の担い手は今後淘汰され,ITを駆使する新しいデジタル世代が主役になって日本経済を変えていく」と主張する。
 ディスカッションのテーマは,米国経済を牽引するIT産業,電子商取引に参入するコンビニの役割,ソニーの経営手法,情報家電の可能性など多岐にわたる。中谷氏が国立大教授とソニー取締役の兼任を人事院から認められなかった時のエピソードや,プレイステーション2などの話題にも触れ,読み物としても十分面白い。(井上)
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む