サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

星踊る綺羅の鳴く川
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-210056-8
  • 国内送料無料

紙の本

星踊る綺羅の鳴く川

著者 赤江 瀑 (著)

数百年の時を隔てて、幻と現つ、ふたつの芝居の国の間に、束の間、回廊が拓かれ、きらびやかに、冷ややかに、精霊たちの宴が繰り広げられる。鯉の腹の中眠りから、光に封じこめられた...

もっと見る

星踊る綺羅の鳴く川

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

数百年の時を隔てて、幻と現つ、ふたつの芝居の国の間に、束の間、回廊が拓かれ、きらびやかに、冷ややかに、精霊たちの宴が繰り広げられる。鯉の腹の中眠りから、光に封じこめられた魔界が出現する…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

赤江 瀑

略歴
〈赤江瀑〉1933年下関市生まれ。日本大学芸術学部演劇科卒業。著書に「ニジンスキーの手」「八雲が殺した」「月迷宮」「霧ホテル」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

絢爛たる幻、静謐なる怪奇

2001/11/27 14:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々宝砂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 横尾忠則描く表紙が美しい。火焔に巻かれて舞い立つ巨大な鯉に、満開の桜と花火が華を添える。しかし、遠景に見えるのは、川の中でもだえ苦しむ亡者の群だ。よく見れば、炎に灼かれる亡者の姿も見える…

 さて、本をひらけば、のっけからただならぬ気配。「色濃い闇が垂れ籠めている。/ なにも、見えない。なにも、動かない。ふだんは、ここは、物音ひとつしない、静謐(せいひつ)の大暗黒に領された死の国である。」 冒頭からこの緊迫感。そして、ねっとりと色濃い闇に、きらびやかな涼しい音色が響く。闇に浮かび上がる、銀の小花の花櫛。舞台の一角が照らされるように、そのまわりだけが明るくなって。

 そこまで読んで、私は気づく。普通の小説を読むようにするすると読んでは、いけないのだ。舞台監督になったつもりで、脳裏にくっきりと絵を浮かべて、読むべきなのだ。そのまま舞台にかけられそうな感じがするのに、ト書きのようなポキポキした描写ではない。恐ろしく詩的だ。そこに芝居めいた台詞で登場するのは、夜着に羽織をひっかけた若者と、姫姿に着飾った太夫(たゆう)。続いてていねいだが俗っぽい口調で現代の女優が現れる。三人の台詞から察するに、そこは、通常の世界ではないらしい。女人禁制の魔界なのである。そしてそこの住人は一種の精霊なのだ。肉体が亡びてもなお、消えることなく生きている、妖しい存在。彼等の暗黒の国は、江戸爛熟退廃期の楽屋そのもの。賑やかに騒ぐのは女形、床山、若衆、囃子方(はやしかた)、黒衣(くろご)…彼等は、桜の精気を吸い取って、芝居遊びに桜遊びとしゃれこむ。そんな魔界に、生身の、しかも女が侵入したのだから、無事にすむはずがない。太夫の一人はまなじり決して「いけしゃらくさい、帰れ!」と命ずるが、当の女優とて、伊達や酔狂でこの魔界を訪問したのではない。彼女には、彼女なりの、狂おしいまでの芝居への情熱があった…

 こんな要約は本当のところ無意味。贅を尽くした文章の綺羅を味わうべし。私の書評なんか読むのやめて、さっさと『星踊る綺羅の鳴く川』をお読みなさい。申しあげることは、これッきり。サァサ、お早く、お読みあれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/26 02:11

投稿元:ブクログ

舞台には魔物が棲んでいる。取り分け、奈落の闇の奥には……。ちょっと「天守物語」を思わせる、幻想文学。歌舞伎好きにはお薦め。個人的にはもう少し量が欲しかった気も;

2007/05/06 18:10

投稿元:ブクログ

数百年の時を隔てて、幻と現つ、ふたつの芝居の国の間に、束の間、回廊が
開かれ、きらびやかに、冷ややかに、精霊たちの宴が繰り広げられる。
赤江瀑の修羅と艶。

2011/06/30 23:36

投稿元:ブクログ

いろいろな形の執念を垣間見る作品です。舞台を想像するのが難しかったですが入り込むと濃い陶酔がありますね。赤江先生久々でしたがやっぱり好きです。

2012/03/13 23:15

投稿元:ブクログ

まさに「不思議系」な作品。
ページ数は少ないものの
その少なさを微塵も感じさせない
濃さはまさに文章の力がなすもの。

本当に別の世界にいるかと
錯覚するような文章です。
そして、迷い込んだ者たちがたどる
数奇な運命…

結末はどうとも取れるないようですが…
きっと打開されていると信じることとしましょう。

2012/10/26 20:47

投稿元:ブクログ

一読しての印象は、「舞台の脚本みたいだな」ってこと。
流れるように美麗な表現と、冷静な視点。
演劇、または映像で見たくなった。

ただ、小説として好きかというとそれはない。
作品の雰囲気や文章は好き。赤江瀑氏の小説を読んだのはこれが初めてなので、他の作品も読んでみたい。

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む