サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. えんちゃん 岸和田純情暴れ恋

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

えんちゃん 岸和田純情暴れ恋
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:20cm/268p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8387-1215-4
  • 国内送料無料

紙の本

えんちゃん 岸和田純情暴れ恋

著者 中場 利一 (著)

えんちゃんとは何を隠そう作者、利一のおかん。利一はどうしてできた? えんちゃんが恋してできた。えんちゃんと、もう一人の製造責任者であるおとんの俊しゃんが織りなす暴力純愛小...

もっと見る

えんちゃん 岸和田純情暴れ恋

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

えんちゃんとは何を隠そう作者、利一のおかん。利一はどうしてできた? えんちゃんが恋してできた。えんちゃんと、もう一人の製造責任者であるおとんの俊しゃんが織りなす暴力純愛小説。『鳩よ!』の連載をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中場 利一

略歴
〈中場利一〉1959年生まれ。大阪府・岸和田の工業高校中退後、様々な職業につく。「岸和田少年愚連隊」で作家デビュー。他の著書に「一生、遊んで暮らしたい」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

純愛ってこういうもんだよね。

2002/04/11 03:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しおり - この投稿者のレビュー一覧を見る

 映画から入った中場作品。ぜひ原作も読みたいと探し当てた「岸和田少年愚連隊」。こんな社会を作るオトナってどんな人たちなんだろう? ずっと不思議に思ってた。私が育った環境とは明らかに違う、けれどもそこか魅力的な世界。少しでも垣間見ることができればと入手したこの作品には、申し分ない内容が詰め込まれていた。文庫が出るまで待とうかと思ったりもしたけれど、読んで良かった。主人公である「えんちゃん」の微妙な恋心。自分勝手だけれども、最高に『オットコマエ』な俊夫。私もこんな男性に口説かれたい。口説かれて泣かされたい。素直にそう思った。まぁ本当に泣かされたら、それはそれで嫌なんだろうけれど。単なる恋愛小説だとは思わないで欲しい。これはある種の純文学だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/29 22:38

投稿元:ブクログ

 昔はこういう、火の玉のような暴力男が、どこの町にもいたもんじゃ。

 そのくせ「殺人」まで到らなかったのは、本能のなせる業か。

2011/12/25 01:54

投稿元:ブクログ

無茶苦茶やけど、きっと遠くから見てるだけやったら笑える。そばにおったら、逃げな、命がいくつあっても…

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む