サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エル・カミーノ 道
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 彩流社
  • サイズ:20cm/233p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88202-636-8
  • 国内送料無料

紙の本

エル・カミーノ 道

著者 ミゲル・デリーベス (著),喜多 延鷹 (訳)

少年に立身出世を望む父と楽しい毎日の間で揺れる少年。悪童三人組が繰り広げるいたずらの数々…。少年の息遣いが聞こえてくる、山村での甘酸っぱく、ほろ苦い青春、そして日々の生活...

もっと見る

エル・カミーノ 道

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

少年に立身出世を望む父と楽しい毎日の間で揺れる少年。悪童三人組が繰り広げるいたずらの数々…。少年の息遣いが聞こえてくる、山村での甘酸っぱく、ほろ苦い青春、そして日々の生活。スペイン版スタンド・バイ・ミー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ミゲル・デリーベス

略歴
〈デリーベス〉1920年生まれ。スペインのジャーナリスト作家。47年、ナダル賞受賞。著書に「赤い紙」「灰地に赤の夫人像」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/09/23 19:22

投稿元:ブクログ

主人公の回想という形で語られた、スペインの小さな村の出来事、色々な人生模様を描いた小説。
パウロ・コエーリョの「アルケミスト」と並んで、一生の本になるかも! っていう読みごたえがありました(*´∀`)
登場人物みんなに強烈な個性・存在感があって、でもけっしてドタバタ劇ではなくて、淡々と日々は過ぎていくところがリアルというか。
日々のとりとめのない出来事を通して主人公は色々なことを感じ、考えて成長していく。
誰もみな人生を思いの通りには生きられないけど、だからって生きることは苦痛ばかりじゃない・・・解説にもあったように、イタリア映画を見ているようなストーリーでした。
というか、映画になったら観たいなあ〜。「クリクリのいた季節」みたいな感じで。ってあれはフランス映画でしたっけ。
この本を読んで感じたことをうまくまとめることは、まだできそうにありません。
それだけ印象の強い作品でした。今はまだ受け皿をはみ出している状態というか、余韻が強すぎているというか。
とりあえず、ウカ・ウカはひたすら応援したい存在でした。そういう意味では、主人公の母親の心情に近いのかも(*´艸`)

2010/09/09 06:26

投稿元:ブクログ

翌日から都会の学校へ行く少年が、小さな自分の村での出来事を回想する少年成長物というかスモールタウン物。

2012/10/20 11:54

投稿元:ブクログ

街の上級学校に進むため村を離れることになったダニエルが旅立ちの前夜、今まで過ごしてきた村での様々な出来事を回想する。

ダニエルとローケとヘルマンの悪童3人組のさまざまないたずら、個性的な村人たちのエピソードをある時は10歳のダニエルの視点、またある時はおそらく成人したダニエルからの視点でつないでいく。

個性的な村人たち、悪童たちの微笑ましいいたずら、ちょっとほろ苦い初恋。ダニエルが村に別れを告げる日が近づいたとき、ある事件がおこる。

二度と戻って来ないものがあるということを知って、ダニエルは少年から大人になっていく。真っ只中にいる時は気がつかなかった、少年時代への思いを抱いてダニエルは旅立ちの朝を迎えるのだった。

スペイン北部の小さな村の生活が飾らない言葉で描かれているが、その底には過ぎ去った日々へのほろ苦い郷愁が流れている。

紹介文にはスペイン版「スタンド・バイ・ミー」とあったけど、少し違うような気がした。