サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. ゼミナール経済学入門 第3版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゼミナール経済学入門 第3版
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:大学生・院生
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 日本経済新聞社
  • サイズ:22cm/605p
  • 利用対象:大学生・院生
  • ISBN:4-532-13184-7
  • 国内送料無料

紙の本

ゼミナール経済学入門 第3版

著者 福岡 正夫 (著)

国際マクロ経済学やリアル・ビジネス・サイクル論など経済理論の新展開に対応。経済学への入門からミクロ・マクロ経済学、国際経済学に至るまでやさしく簡潔に説明したテキスト。19...

もっと見る

ゼミナール経済学入門 第3版

3,456(税込)

ポイント :32pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

国際マクロ経済学やリアル・ビジネス・サイクル論など経済理論の新展開に対応。経済学への入門からミクロ・マクロ経済学、国際経済学に至るまでやさしく簡潔に説明したテキスト。1994年刊に次ぐ第3版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

福岡 正夫

略歴
〈福岡正夫〉1924年東京都生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。関東学園大学経済学部教授、慶応義塾大学名誉教授。著書に「経済学と私」「貨幣と均衡」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

経済学への入門から国際経済学に至るまでわかりやすく説明。近年の激しい経済情勢を盛り込んだ第3版が登場

2000/10/06 15:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 経済学を学ぼうと志した経験のある人にはすでに定番の感さえある本書も,1986年の刊行から今回で3回目の改定となった。
本書の大きな特徴は,一般的にわかりにくいと敬遠されがちな理論を,できるかぎり最新の生きた経済活動にあわせて説明している点と「経済学って何?」という素朴な疑問からていねいに説明を加えている点。そこが人気の理由と言えそうだ。
 総論部分に始まり,ミクロ経済学,マクロ経済学,国際経済関係,そして先進国ならびに発展途上国の経済発展の将来を展望するという幅広い領域をカバーしている点も,本書が経済学の教科書として多く使用される理由であろう。
 今回の改定では,政策の失敗に関する記述が拡大された点,外部性の議論にコース定理を導入した点,経済成長にローマー流の内生的成長理論の説明を導入した点,為替レートの新原理として資産アプローチの説明を導入した点などでかなりの改定増補が図られ,めまぐるしく変化する実態経済を理解するうえでのヒントが随所に加わった。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

経済学・経済理論 ランキング

経済学・経済理論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む