サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 動く家 ポータブル・ビルディングの歴史

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

動く家 ポータブル・ビルディングの歴史
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 鹿島出版会
  • サイズ:26cm/182p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-306-04394-0
  • 国内送料無料

紙の本

動く家 ポータブル・ビルディングの歴史

著者 ロバート・クロネンバーグ (著),牧 紀男 (訳)

現代におけるポータブル建築は刺激的なデザインを様々生み出している。ポータブル建築を建築史の主流に位置づけ、環境に配慮した新たなデザインの出現が求められている現代社会におけ...

もっと見る

動く家 ポータブル・ビルディングの歴史

4,644(税込)

ポイント :43pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現代におけるポータブル建築は刺激的なデザインを様々生み出している。ポータブル建築を建築史の主流に位置づけ、環境に配慮した新たなデザインの出現が求められている現代社会における有用性を指摘する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

古今東西の「動く建築」について,デザイン,工法,設備,室内環境などを網羅的に分析する

2000/07/17 09:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

" この本のテーマは刺激的だ。日本的な概念でとらえれば最も近いのは「仮設建築」だが,英国リバプール大学建築学部の講師である著者クロネンバーグの関心は,建築物の「仮設性」よりも建築的空間が「動く」ことにある。「土地に定着」することを前提条件として「建築」をとらえる日本の常識からは,かなりはみ出した関心の持ちようだ。ただし,そのはみ出し方がハンパではないから,読みすすめながら「へえ,こういう建築の見方もあるのか」と脳内にアドレナリンが噴出する快感を覚えることができる。
 ズールー族のハットやモンゴルのユート(ゲル)などテント構造の伝統的“建築""に始まり,B・フラーのジオデシックドーム,博覧会パビリオン,システム建築などの“定番""ともいえる仮設建築が続き,さらにモービルホームやキャンピングカーのバリエーション,ボートハウス,米CBN71級空母ニミッツ,果ては宇宙ステーションに至るまで,ありとあらゆる「動く家」が登場する。その多くは「居住空間」の機能とデザインを通常の住宅よりはるかに合理的に突き詰めている。土地定着の呪縛から解放されたとき,建築の可能性が大きく開かれることに気づかされる。"
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する