サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. Linux NETWORKファイアウォール管理者ガイド

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

Linux NETWORKファイアウォール管理者ガイド
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料

紙の本

Linux NETWORKファイアウォール管理者ガイド

著者 久米原 栄 (著)

Linuxをプラットフォームにして、ファイアウォールを構築するノウハウを説明。基礎知識からフリーのツールを利用した実装方法、運用・管理のコツ、情報の入手先まで、システムを...

もっと見る

Linux NETWORKファイアウォール管理者ガイド

4,104(税込)

ポイント :38pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

Linuxをプラットフォームにして、ファイアウォールを構築するノウハウを説明。基礎知識からフリーのツールを利用した実装方法、運用・管理のコツ、情報の入手先まで、システムを守るテクニックを紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

そしてこの本はぼろぼろになった。

2001/01/28 13:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自社のネットワークセキュリティを強固にする必要性がありその一方、コストをかけられないのが現状だった。必然的に自分で勉強しながら構築せざるを得なくなった。その場合LINUXで構築するのが最適と言われている。ところがLINUXでファイアウォールを構築するには高度な知識と経験が必要である。私はそれほどの知識も経験もない。しかしこの本を片手に作業することで、ファイアウォールに対する知識、LINUXに対する知識を身につけながら、満足のいくファイアウォールを構築することが出来た。わかりやすくお薦めの一冊である。私はこの本をぼろぼろになるまで活用した。今でも手元に置いてある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

セキュリティーの考え方からファイアウォール構築の実際と運用までを総合的に解説

2000/10/06 15:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:新居 雅行 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 インターネットのセキュリティーは,もはや全国民的関心だと言っても過言ではない。こうしてあおるのもいいのだが,対処するのはエンジニアであるわけで,仕事が増えて困ったという人もいるかもしれない。それはそれで新しいビジネスにもつながる。いずれにしても,ネットワークを通じて攻撃者にさらされていることは事実であり,なんとかしなければならない。
 その方法のひとつとして,ネットワーク上に流れるデータの一部に対し,ある種の遮断を行うのが,ファイアウォールである。Linuxを使えばフリーの素材を利用してファイアウォールを構築できる。本書はそこが主テーマだ。といっても,単なるやり方だけが書いてあるのではなく,セキュリティーの考え方から実際のやり方まで,バランスよく書かれている。
 まずはネットワークの基礎やセキュリティーの考え方,その中でのファイアウォールの役割が説明されている。効能はもちろんだが,ファイアウォールでできないことまでを説明していることも,好感がもてるところだ。ファイルウォールの構築にいく前に,ネットワーク関連の設定をひとさらいしており,その後に,ipchains,TCP Wrapper,SOCKS,TIS FWTKの使い方を説明している。さらに,ファイアウォールとは話題が離れるものの,Kerberos認証やワンタイム・パスワードについても説明がある。そしてファイアウォールの運用管理についても説明されている。さらに付録には少しだが,FreeBSDでのファイアウォールの実現についても書かれている。
 セキュリティーの基本からファイアウォールの実際まで,バラエティーに富んだ内容がうまく1冊にまとめられている。最終的にファイアウォールが目的だが,セキュリティーについても基本から知りたいというような読者にもマッチするだろう。
 ただし,ユーザー・サイトごとに方針や機器構成が違うために,個別のセキュリティー・プランを立てる必要が出てくる。こうしたセキュリティー設計についてはそれほど細かくは説明されていない。欲を言えば,こうした点をより詳しく解説していれば,さらに厚味が出たかも知れない。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

オペレーティングシステム ランキング

オペレーティングシステムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む