サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 病原菌はヒトより勤勉で賢い 敵視でなく、共生の方法を

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

病原菌はヒトより勤勉で賢い 敵視でなく、共生の方法を
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 三五館
  • サイズ:20cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88320-193-7
  • 国内送料無料

紙の本

病原菌はヒトより勤勉で賢い 敵視でなく、共生の方法を

著者 本田 武司 (著)

細菌と闘ってもヒトは勝てない。だから、共に生きる方法を見つけないと、命が危ない。人類誕生の38億年前から、地球上で繰り広げられているミクロの世界の奇跡を、病原菌研究のスー...

もっと見る

病原菌はヒトより勤勉で賢い 敵視でなく、共生の方法を

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

細菌と闘ってもヒトは勝てない。だから、共に生きる方法を見つけないと、命が危ない。人類誕生の38億年前から、地球上で繰り広げられているミクロの世界の奇跡を、病原菌研究のスーパー権威が明快に解く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

本田 武司

略歴
〈本田武司〉1945年奈良県生まれ。大阪大学医学部卒業。現在、大阪大学微生物研究所教授。医学博士。著書に「食中毒」「病気と細菌毒素」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

微生物の病原菌および非病原菌のしくみを分析。病原菌とヒトとの「共生」の道を探る。一般向け

2000/07/17 09:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ヨーグルトは乳酸かん菌,納豆も納豆菌の力を借りている。微生物は植物や動物の最終処理をも行なう。また,細菌毒素はワクチンとして用いられる。このように自然界にいる細菌の99%近くがヒトの生活に役立っている「非病原菌」である。
 昨今大きな問題となっているのが,一時沈静化したと考えられた病原菌が力を増している「再興感染症」,過去20年以内に新たに社会や個体に重大な影響を及ぼすとする「新興感染症」である。
 リエマージング(再興)感染症にはペストやコレラ,院内感染の原因として知られる,抗生物質に耐性を持つMRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)やVRE(バンコマイシン耐性腸球菌)が含まれる。一方,エマージング(新興)感染症は猛威を振るった病原性大腸菌O157やレジオネラ菌,エイズ・ウイルスなどがある。
 しかし,微生物の権威である著者は病原菌は人間の体に嫌々入ってしまった「被害者」だと主張する。人間の体とて皮膚や腸管などに無数の微生物を有し,かつての細菌の残像ともいえるミトコンドリアまでも組みこまれ,細菌と共生してきたのである。細菌との共生を説く著者は38億年も前から存在していた微生物へ暖かいまなざしを向けている。読みごたえのある1冊である。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

再び脅威となりつつある感染症の現状をやさしく解説

2000/07/10 08:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鈴木クニエ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「病原細菌は化学を理解している、と考えたくなる」という著者の本田武司氏は大阪大学微生物研究所の教授。96年に病原菌大腸菌O157が大きな被害をもたらしたときは、O157とは何かを一般向けに解説できる専門家として、メディアでひっぱりだこだった。
 微生物研究者の目に映った当時の様子も描かれる本書では、細菌の側からみた人間社会の問題点が浮き彫りになっている。細菌とは何か、人が病原菌と闘ってきた歴史、再び脅威となりつつある感染症の現状を極めてやさしく解説してあり、興味をもった人の最初の1冊に適した内容。少しでも専門的な表現には必ずひとこと説明があるのもうれしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

家庭医学一般 ランキング

家庭医学一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む