サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. ティッピング・ポイント いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ティッピング・ポイント いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 飛鳥新社
  • サイズ:20cm/310p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87031-394-4
  • 国内送料無料

紙の本

ティッピング・ポイント いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか

著者 マルコム・グラッドウェル (著),高橋 啓 (訳)

一方に伝染病のように広まっていく発想や行動、製品があり、その一方にそうでないものがあるのはなぜか。すべてが一気に変化する劇的な瞬間「ティッピング・ポイント」の原理を様々な...

もっと見る

ティッピング・ポイント いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一方に伝染病のように広まっていく発想や行動、製品があり、その一方にそうでないものがあるのはなぜか。すべてが一気に変化する劇的な瞬間「ティッピング・ポイント」の原理を様々な実例から探り、世界を変えるカギを示す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マルコム・グラッドウェル

略歴
〈マルコム・グラッドウェル〉『ワシントン・ポスト』紙にてビジネス、科学、医学欄を担当する記者を経て、現在は雑誌『ニューヨーカー』にてスタッフライターとして活躍中。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

そうだったのか!って感じ

2000/08/31 00:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:皇帝ぺんぎん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 突如すごい流行がおきるのは、マーケティング担当者が優秀だったんだと信じていた。そう思って、マーケティングを勉強したい、と思ったこともある。
 流行が起きるのはほんの少しのきっかけから…。薄々感じていたことを、ここまできちんと整理してまとめて目の前に出されると、ははーっと降伏するしかない。小さな投資で大きな流行を作り出したい人には必読の本だと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マーケター必読書

2000/12/26 16:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shigeshige - この投稿者のレビュー一覧を見る

 勤務先(ネットビジネス)の社長がこの3年間に読んだ中で最高の本なので是非読むように薦められました。特に現在自分が携わっているインターネットビジネスにおいては認知度をどう拡大していくかが重要なポイントとなりますが、この本は大いに参考になります。作者が主張する流行を引き起こすための3つの必須要件すなわち少数者の原則、粘りの要素、背景の力は今後マーケティングを企画する際の考慮すべきポイントとして常に念頭におくべき内容でしょう。特にNY地下鉄の落書きと凶悪犯罪の関係等具体例について心理学の分野も交えながら説明されているので理解し易い内容となっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「21世紀最初に読みたい本」フェアコメント

2001/02/05 14:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:原口佳典  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 思いがけないブーム、流行らなかった戦略商品。このとき人は「ツボをついた、外した」という表現を使うことがある。この「ツボ」の存在を解説し、理論化したのが本書である。
 大きな成果をあげるには大変な努力が必要だと考えがちだ。しかし実際には押す場所が重要なのだとグラッドウェルは語る。これはマーケティングだけに有効な考え方ではない。変わらない会社・変わらない業界に悩むよりも、ティッピング・ポイントを探せ!
(原口佳典 bk1サイト人文社会ノンフィクション担当エディター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/21 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/25 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/05 05:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/07 01:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/09 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/16 17:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/24 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/22 08:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/28 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/30 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/28 19:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/15 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

社会学 ランキング

社会学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む