サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

プライム・タイム(シャレード文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 二見書房
  • レーベル: シャレード文庫
  • サイズ:15cm/284p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-576-00520-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

プライム・タイム (二見シャレード文庫)

著者 芹生 はるか (著)

プライム・タイム (二見シャレード文庫)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

プライム・タイム

864 (税込)

プライム・タイム

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

わたしのバイブル的ラブラブコメディー

2002/07/23 09:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミントティー - この投稿者のレビュー一覧を見る

一目惚れをした相手・映画の助監督・梶のそばにいたい、ただそれだけで大手商社の内定を蹴って、倒産寸前の映画制作会社へと押しかけ就職をする、美人でしまりやの柏木。柏木のかわいい企みも梶の予想もつかない大胆さにはメロメロになってしまうあたりや、柏木の社長への小言も笑える。ラブラブは愛もあり、大胆さもあり、イラストも色っぽいし、大満足な一冊です。この巻だけでも楽しめますのでまずは一巻を読んでみて下さい。
絶対に続編も読みたくなります。熱烈にオススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恋の策士

2002/05/27 09:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イルカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一目惚れした相手は倒産寸前の映画制作会社のチーフ助監督・梶。内定していた一流企業への就職を蹴って、強引に入社を果たした柏木だが、綺麗な顔に似合わぬやり手の経理ぶりに、周囲の風当たりは強く…。

 通常のBLならば好きだった相手からH&告白をされれば「実は自分も…」となるはず。でもこの主人公は違う。簡単に自分も好きだったと告白はしない。相手が自分から逃げないように幾重にも罠(?)を仕掛けている。そして最後の最後、もう逃げないとわかったとき告白を…。カバーのあらすじにある「どんなに計算高いと詰られても構わない。彼が自分のものになるなら、なんだってしてやる…!」という言葉がピッタリな話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エッチで可愛い、オトナの恋愛

2001/10/01 16:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:smile - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「プリティ守銭奴」柏木と、「誠実な熊さん」な梶。正反対でデコボコな2人が繰り広げる、エッチで可愛い、オトナのラブストーリー。
 クールで優秀な大学生だった柏木は、就職活動中に偶然出会った梶に一目惚れ。梶のことがどうしても忘れられず、大手企業への内定を蹴り、彼のいる倒産寸前の弱小映画会社に就職してしまう。真性ゲイの柏木だが、梶に関してだけはプラトニック。ただ梶のそばにいるだけで幸せだと感じ、一社員として懸命に会社に尽くす。そんなけなげな姿を見守る梶は、バリバリノーマルだったはずなのに、気づけば柏木から目が離せなくなり…。
 笑っちゃうほど真剣に繰り広げられる駆け引きも楽しい、大人な貴方におすすめの一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリアスなのに笑える…

2001/05/19 23:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miyagi aya - この投稿者のレビュー一覧を見る

 かなりアブナイ勘違い人間ばかりの話。なのになぜかとても楽しかった…。
 弱小映画会社のチーフに一目惚れした主人公の柏木は、内定をもらってた大企業を蹴ってそこに就職するのですが、そこからが変。叶わぬ相手だったはずの梶は柏木が何の行動も起こさないうちから「おまえが好きだ」とか言い始め、それどころか彼を押し倒す始末。更に相手の気持ちもわからないのに「責任は取る。俺は本気だ。一緒に住もう」と来ました。いい部屋に引っ越せば返事を渋る柏木の気持ちも変わるだろうと、勝手に全財産はたいて引越しまでしてしまうし。その独りよがりな暴走ぶりは凄まじいです。本気とかそういう問題じゃなくて、何か大事なステップを忘れているのでは?と突っ込みの一つも入れたくなります。
 しかし梶に片思いしていたはずの柏木の行動だって負けていない。なんと梶の罪悪感を刺激して相手を手玉に取り始めるのです。そのやり方がまた半端じゃなく、自分が優位に立つために気持ちを明かさないどころか、 「こんなの、どう考えたって普通じゃない」だの「俺はホモじゃない!こんなの俺の身体じゃない!」 などなど、完全に被害者面で下手に出る梶を責めまくり。なかなかここまではできるものではないです(笑)
 この一冊を読み終わるまでに自分が何回「オイオイオイ」と呟いたのかもうわかりません。でも柏木のしたたかさというか計算高さが実は私はすごい好きです。恋愛なんだからこれくらいアリかなと。これがもし演技じゃなくて本気でやってるんだとしたらちょっとイヤンな感じですが。。。彼らの半端じゃないすれ違い方がすごい笑えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/11 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る