サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

徹底解明東海村臨界事故
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 新日本出版社
  • サイズ:19cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-406-02725-4
  • 国内送料無料

紙の本

徹底解明東海村臨界事故

著者 舘野 淳 (著),野口 邦和 (著),青柳 長紀 (著)

439人の被曝者(2000年1月末現在)と1人の犠牲者を出した日本初の臨界事故は、どんな事故だったのか。放射線の影響、安全管理の問題点、事故原因を追跡し、改革方向を考える...

もっと見る

徹底解明東海村臨界事故

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

439人の被曝者(2000年1月末現在)と1人の犠牲者を出した日本初の臨界事故は、どんな事故だったのか。放射線の影響、安全管理の問題点、事故原因を追跡し、改革方向を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

JCO臨界事故はこうして起こった 舘野淳 著 13-48
深刻な人体の放射線被曝 野口邦和 著 49-100
周辺環境への影響と風評被害 野口邦和 著 101-132

著者紹介

舘野 淳

略歴
〈舘野淳〉1937年生まれ。東京大学工学部応用化学科卒業。日本科学者会議原子力問題研究委員会委員長。
〈野口邦和〉1952年千葉県生まれ。東京教育大学大学院理学研究科修了。日本大学講師。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

茨城県東海村で起きた日本初の臨界事故を多角的に徹底分析。今後の原子力政策・開発体制のあり方を考える

2000/07/17 09:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1999年9月30日。茨城県東海村にあるウラン燃料加工施設ジェー・シー・オー(JCO)で臨界事故が発生した。死者は2名,事故の程度を示す国際評価尺度は「レベル4」。
 本書はまず,日本中を震撼させた,この国内初の臨界事故の経過を克明に追い,JCO社員や消防署員,住民の被曝の程度,周辺環境の汚染や風評被害なども含めて事故の影響を多角的に分析している。本書の著者の一人は,日本原子力研究所に在籍中にウラン化合物を実際に扱った経験をもつ。その視点は,JCOや国(原子力安全委員会や科学技術庁)の安全管理の問題点に厳しく切り込み,「いまこそ原子力政策・開発体制の抜本的転換を」と訴える。
 そして最後に,(1)安全審査体制を中心とした安全チェック機構の見直し,(2)人材育成と科学者の意見尊重,(3)不安全な原発の廃止とより安全な原子炉の開発,(4)プルサーマルの中止と核燃料政策全体の見直し──という4つの論点から,抜本的転換の方向性を提示している。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

環境・エネルギー・資源 ランキング

環境・エネルギー・資源のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む