サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. バディ・ボールデンを覚えているか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バディ・ボールデンを覚えているか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/230p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-532802-6
  • 国内送料無料

紙の本

バディ・ボールデンを覚えているか

著者 マイケル・オンダーチェ (著),畑中 佳樹 (訳)

ジャズはこの男から始まった。愛と狂気に引き裂かれた天才コルネット奏者の生涯を、挿話やインタビュー、詩的断章などによって再現。伝説と史実をコラージュしたドキュメントノベル。...

もっと見る

バディ・ボールデンを覚えているか

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ジャズはこの男から始まった。愛と狂気に引き裂かれた天才コルネット奏者の生涯を、挿話やインタビュー、詩的断章などによって再現。伝説と史実をコラージュしたドキュメントノベル。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マイケル・オンダーチェ

略歴
〈オンダーチェ〉1943年セイロン生まれ。ロンドン、カナダと移り住む。文学・演劇・映画などに幅広く活動している。「イギリスの患者」でブッカー賞受賞。他に「ビリー・ザ・キッド全仕事」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

録音もないミュージシャンの空白部分を「憑依の手法」で浮かび上がらせる奇妙な味

2000/07/09 17:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安原顕 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 映画化もされた『イギリス人の患者』の作者マイケル・オンダーチェの小説『バディ・ボールデンを覚えているか』(76年。原題は『COMING THROUGH SLAUGHTER』)が出た。オンダーチェはオランダ人など複数の民族の混血の家系に1943年、スリランカで生まれる。英国で教育を受け、現在はカナダに住み、詩や小説を書いている。訳者は「あとがき」で、「本書は小説なのか詩なのか、フィクションなのかノンフィクションなのか」判定困難と書いているが、それはオンダーチェが年代記風には綴らず、あるシーンを頭に思い浮かべ、それらをすこぶる詩的な文章でコラージュしているからだ。バディ・ボールデンは実在の人物、伝記的部分はしっかり押さえているので、半分はノンフィクションだが、フィクション部分の想像力、それもボールデン自身が「取り憑いたよう」に描いた筆致が秀逸なのである。チャールズ・“バディ”・ボールデンは1877年、米国ニューオリンズ生まれのコルネット奏者である。10代の終わりに、他の楽団でのプレイヤーをしながら自己のグループを結成、1900年頃までニューオリンズ中のダンス・ホール、キャバレーで絶賛を博していた。しかし、次第にキング・オリヴァー(1885〜1938)ら若手に人気を奪われ、酒に溺れる。籍は入れ ていなかったが売れっ子娼婦ノーラ・バースとの間にバーナディアン(娘)、もう一人の女ハティとの間には息子チャールズ・ボールデン・ジュニアをもうける。ボールデンにコルネットを教えたのは、母親と同棲中の男マニュエル・ホールだった。ボールデンは床屋で働いていたこともある。何度か出てくる床屋でのシーンにも感心した。そして1907年4月(31歳の時)、バンドで演奏中、突然発狂、精神病院に入れられる。診断は早発性痴呆、パラノイド型だった。後に東ルイジアナ州立病院へ移動、1931年11月4日、55歳で他界する。本書には「物語」らしきものもある。ノーラ・バースと住んでいた頃、ボールデンが失踪、彼の親友、3歳年上の警官見習いウェッブが探し回る話だ。途中、せむしの写真屋、後に、みずから火をつけて自殺するベロクの逸話もいい! 「写真」は1枚しか残っておらず、録音もないミュージシャンの空白部分を「憑依の手法」で浮かび上がらせたこの小説、奇妙な味だが面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/20 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/17 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/19 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む