サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 戦後短篇小説選 『世界』1946−1999 2

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

戦後短篇小説選 『世界』1946−1999 2
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/338p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-026472-9
  • 国内送料無料

紙の本

戦後短篇小説選 『世界』1946−1999 2

著者 岩波書店編集部 (編)

日本の過去と未来についての再定義が始まった敗戦直後に誕生した雑誌『世界』。創刊号から現在まで、そこに掲載された短編小説をまとめ、戦後日本を復元する。2巻は、大岡昇平「鷹」...

もっと見る

戦後短篇小説選 『世界』1946−1999 2

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本の過去と未来についての再定義が始まった敗戦直後に誕生した雑誌『世界』。創刊号から現在まで、そこに掲載された短編小説をまとめ、戦後日本を復元する。2巻は、大岡昇平「鷹」、川端康成「名人生涯」など12編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

思出 阿部知二 著 3-26
大岡昇平 著 27-46
名人生涯 川端康成 著 47-96

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

長谷川四郎「家常茶飯」が唯一の◎

2000/07/10 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安原顕 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『1』に引き続き『戦後短篇小説集 2』を読んだが、日本の自称作家らの才能のなさというか、「随想」を小説と騙る図々しさは、今も昔も変わらぬことを知って仰天、また、「これはつまらない」と突き返さなかった『世界』編集部の見識のなさにも呆れた。本書には、1951年〜57年まで雑誌『世界』に載った阿部知二から長谷川四郎までの12篇が載っているが、とりあえず6篇読んでみた。その6篇とは大岡昇平「鷹」(同人誌でもボツにしたであろう駄作×)、広津和郎「青年期と晩年」(モチーフに著名な作家が出てくるため、その興味から△)、伊藤整「父の死まで」(さらに著名な作家や詩人が登場するので○)、椎名麟三「門のある家」(一応、小説を目指していることを買って△)、三島由紀夫「女方」(これは女方論ではあっても小説とは言い難い×)、長谷川四郎「家常茶飯」(唯一の◎)である。長谷川四郎は「通好みの作家」とのイメージがあり、天の邪鬼のぼくは敬して遠ざけてきたが、本書の他のエッセイ風、批評風自称小説の中に置いてみると巧いので感心した。「家常茶飯」は、「この三カ月の間にわたしの身辺におこった重大事件といえば妻が妊娠したことくらいのものだろう」との私小説的フレーズで始まる。主人公の「ぼく」は船乗り、趣味で、ものを書いてもいる。郊外に暮らす彼は、「戦友小森の妻」と称する女から葉書をもらい「九州から上京した」とあった。この戦争で多くの戦友が死んだ。小森もその一人だった。上船を明日に控えたある日、「山本さんですね」と言ってその女が来訪する。彼女によれば小森は無事に帰還、洋裁学校を経営しているが、自分は離婚したので近況は知らぬと言う。「ぼく」は、小森の死をこの目で確かめたと話すが女は聴かない。女と入れ違いに女房が戻り、「ぼく」の買ってきたカステラを、熱い牛乳と一緒に食べるつもりだったが、妊娠のためか嗜好が変わり、青い夏ミカンを皮のままばりばりと噛んで食べた。「……午前の三時である。六時間かかって書いたことになる。勘定してみると二秒に一字くらい(……)。ぼくは五時には起きなくてはならぬ。さて、二時間ばかり眠るとしよう。睡眠は……ありがたい」で、この短篇は終わっている。57年、すでにメタフィクションの手法を使った斬新さが面白いのだ。「解説」中に「デヴュー」(誤植)と「デビュー」が出てくる。昨今の「素人編集者」の弊害が老舗岩波書店まで汚染したのかと暗い気持になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/04 12:08

投稿元:ブクログ

それぞれ独特な世界観。
椎名麟三と梶井基次郎をもう少し読み込んでみようと思う。

メモ: 伊藤整「父の死まで」椎名麟三「門のある家」三島由紀夫「女方」長谷川四郎「家常茶飯」

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む