サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

攻撃戦争論
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 信山社出版
  • サイズ:22cm/332,20p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7972-5066-6
  • 国内送料無料

紙の本

攻撃戦争論

著者 カール・シュミット (著),ヘルムート・クヴァーリチュ (編),新田 邦夫 (訳)

「平和に対する罪」がニュルンベルク裁判と東京裁判だけでしか裁かれなかったのは何故か。いわゆる「侵略戦争」についてのシュミットの法理論的批判と、その後半世紀裁判が行なわれな...

もっと見る

攻撃戦争論

9,720(税込)

ポイント :90pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「平和に対する罪」がニュルンベルク裁判と東京裁判だけでしか裁かれなかったのは何故か。いわゆる「侵略戦争」についてのシュミットの法理論的批判と、その後半世紀裁判が行なわれなかった事実を踏まえた分析。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

カール・シュミット

略歴
〈シュミット〉1888〜1985年。ドイツ生まれ。政治学者・公法学者。著書に「政治的なものの概念」「憲法論」「パルチザンの理論」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

攻撃戦争論

2016/05/12 14:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たなかたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

シュミットの鑑定書に対して、ヘルムート・クヴァーリッチュが長い注解とあとがきを加えたもの。平和に対する罪、人道に対する罪に関して考える上で参考になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/24 16:55

投稿元:ブクログ

現代国際法、特に国際人道法での基本的な原則であるニュルンベルク原則の成り立ちに対して、よく知らない人にとってはある意味衝撃的なものかもしれません。国際人道法や国際刑事法、真正の国際犯罪たる平和に対する罪というものを考えるうえで、きわめて刺激的な示唆を与えてくれる本です。
ただ、本書の最大の欠点は、その読みにくさにあります。翻訳が非常にわかりにくい日本語になっています。僭越ながら、このような日本語翻訳ではだめです。