サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本語の「大疑問」(講談社+α新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-272007-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

日本語の「大疑問」 (講談社+α新書)

著者 池上 彰 (著)

日本語の「大疑問」 (講談社+α新書)

799(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

日本語の「大疑問」

648(税込)

日本語の「大疑問」

ポイント :6pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

日本語の再学習に最適。

2016/08/21 19:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本語はなかなか難しい言語。その難しさについて言及し、
なるほどと思わせる事例を紹介している。

本来の意味と違った意味で誤って使われている言葉。
そして、そのような誤まった使われ方が、いつしか定着して、
その「”誤まった意味”が正しい意味として通用するようになるのが
言葉である」という歴史。

敬語の難しさ。その敬語も敬意が伝わればそれで良いとする
池上氏の主張。

コンパクトにまとまった内容で読みやすい。日本語について
今一度勉強したい方に是非読んで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

平易な話題を平易に解説

2003/02/09 18:25

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本人の行儀作法や躾は乱れてきているが、それと平行して日本語も乱れてきている。どれが日本語の正しい使い方か、何が無知からくる乱れなのか、いろいろと疑問が出てくる。この本では、注意して見たり聞いたりしていれば、身近に感じられる日本語への疑問や日本語の変化について、話すことの現場から話題にしている。平易な話題を平易に解説しているので、容易く読んでしまうが、背後にある問題点は、大きい。著者は言語の必然的な変化、ゆらぎは許容しており、正しい日本語とはこれだと、指し示しているわけではないが、日本語への感性は、この本を読んで向上するだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/10 09:37

投稿元:ブクログ

日本語って難しけど面白い。初めて知ったこともあるし、言われてみればと思うようなこともあって、若者じゃないけど言葉に無頓着な自分には面白い話題が満載でした。池上さんの本だけど、結構古い本で12年ほど前の出版になっていた。でも、私は最近出た電子図書で読んでみた。 電子図書だと厚みがわからずボリューム感が実感できないのが残念。「こだわり」はないけど、それでも電子図書で「上」「下」シリーズで販売していたり文庫本フェアって、、、なんかそぐわないって本を書いてくれないかな。

2010/10/02 14:40

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
言葉には日本人の数ほど不思議と面白さがある!!
言葉で正しく伝えることは意外とむずかしい。
誰にでもわかりやすく伝えることを第一とする、放送現場から日本語表現の問題点を考える。

[ 目次 ]
第1章 放送で苦労しています
第2章 とっても気になります
第3章 日本語はむずかしい
第4章 日本語を捨てようとしたことも
第5章 漢字もあるからいい感じ
第6章 言葉は生きている
第7章 言葉は文化を映す
第8章 敬語を敬遠しないで
第9章 日本語は美しい

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2010/09/08 13:25

投稿元:ブクログ

言葉の「ゆれ」か、言葉の「乱れ」か。
諸々の例や歴史、放送の現状等、読みやすく面白かった。
「言葉は使われている社会を映す鏡」。
変化していくものと承知しつつ、眉をひそめることも多いが…日本語はどうなって行くのだろう。

2011/09/26 11:35

投稿元:ブクログ

「ら抜き」言葉が10年以上前から問題になっていたことを初めて知った。
ここ5年ぐらいの問題かと思った。
いまだに、それが日本語の「乱れ」として取り上げられるということは、違和感を感じる人がまだたくさんいるからなのだろう。

池上さんの考える美しい日本語とは
「伝統を尊重」した日本語であるらしい。
この考えに対して、堅いな~と思う私もあと数十年したら、その堅い意見を持つことになるのだろうか。

2016/09/14 11:22

投稿元:ブクログ

内容紹介

言葉には日本人の数ほど不思議と面白さがある!! 言葉で正しく伝えることは意外とむずかしい。誰にでもわかりやすく伝えることを第一とする、放送現場から日本語表現の問題点を考える!! 私たちが日頃ごく普通に使っている言葉を、あらためて説明しようとすると、実は自分自身が理解していないものがたくさんあることに気づかされます。私は、大人向けと子ども向けの両方のニュース番組のキャスターをつとめてきました。子ども向けに日本語をやさしく言い換える仕事は、苦労が多いのですが、大人向けのニュースを伝えていても、日本語のむずかしさを痛感することが、たびたびありました。そのいくつかをご紹介しましょう。

内容(「BOOK」データベースより)

言葉には日本人の数ほど不思議と面白さがある!!言葉で正しく伝えることは意外とむずかしい。誰にでもわかりやすく伝えることを第一とする、放送現場から日本語表現の問題点を考える。

著者について

1950年、長野県松本市に生まれる。慶応義塾大学卒業後、HNKに記者として入局。松江放送局、呉通信部勤務を経て、東京の報道局社会部へ。首都圏向けニュース番組のキャスターなどをつとめた後、1994年4月から「週刊こどもニュース」のお父さん役に。わかりやすいニュース解説には定評がある。著書に『ニュースの「大疑問」』『ニュースの「大争点」』『みんなの「学校問題!」』(以上、講談社)、『ニュースなんでも探偵団』(集英社)などがある。

目次
第1章 放送で苦労しています
第2章 とっても気になります
第3章 日本語はむずかしい
第4章 日本語を捨てようとしたことも
第5章 漢字もあるからいい感じ
第6章 言葉は生きている
第7章 言葉は文化を映す
第8章 敬語を敬遠しないで
第9章 日本語は美しい

本の感想です。オフィス樋口Booksより転載しています。http://books-officehiguchi.com/archives/4691178.html

この本では、「食べられる」が正しいのに「食べれる」で使われている「ら抜き言葉」が流行るようになった経緯、意味を間違えて使われているにもかかわらず、正しい意味になってしまった言葉など意味の変遷について具体例を挙げながら説明している。言葉については意外な発見があるかもしれないので、言葉遣いで違和感がある人に勧めたい本である。

個人的には、まえがきにある茨城県東海村のウラン燃料製造工場での「臨界事故」について「被ばく」という書き方が気になった。池上氏によると、「被ばく」と書いたことで、「被爆」を思い浮かべた人が多いということだ。本当は「被曝」だが、「曝」が常用漢字でないため「被ばく」と表記したそうだ。「ばく」にしただけで思わぬ誤解を招いたことが取り上げられていた。原爆や原発事故で「ヒロシマ」「ナガサキ」「フクシマ」とカタカナ表記をするが、何か意図があるかもしれないので経緯について調べ直す必要があると思った。

2014/12/28 18:27

投稿元:ブクログ

まあなるほどと思うところが多いのだけど、その前に読んだ「漢字と日本人」と比べると内容が薄いように感じた。分かりやすいけどね。

2014/07/02 17:04

投稿元:ブクログ

帯文:”言葉には日本人の数ほど不思議と面白さがある!!”

目次:まえがき、第1章 放送で苦労しています、第2章 とっても気になります、第3章 日本語はむずかしい、第4章 日本語を捨てようとしたことも、第5章 漢字もあるからいい感じ、第6章 言葉は生きている、第7章 言葉は文化を映す、第8章 敬語を敬遠しないで、…他

2012/11/16 17:15

投稿元:ブクログ

説明が豊富で、テンポよく読めるようになっているのでとても読みやすかったです。
自分がまだまだ日本語を知らないということを実感させられました。日本語って奥が深い。

2013/10/26 19:25

投稿元:ブクログ

塾の国語の授業で、説明文としてやりました。

すごく理解しやすく、分かりやすかったので問題すべて満点とれました。

2015/05/25 20:26

投稿元:ブクログ

言葉には日本人の数ほど不思議と面白さがある!!
言葉で正しく伝えることは意外とむずかしい。誰にでもわかりやすく伝えることを第一とする、放送現場から日本語表現の問題点を考える!!

私たちが日頃ごく普通に使っている言葉を、あらためて説明しようとすると、実は自分自身が理解していないものがたくさんあることに気づかされます。私は、大人向けと子ども向けの両方のニュース番組のキャスターをつとめてきました。子ども向けに日本語をやさしく言い換える仕事は、苦労が多いのですが、大人向けのニュースを伝えていても、日本語のむずかしさを痛感することが、たびたびありました。そのいくつかをご紹介しましょう。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む