サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

逃れの森の魔女
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 青山出版社
  • サイズ:20cm/187p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89998-003-5
  • 国内送料無料

紙の本

逃れの森の魔女

著者 ドナ・ジョー・ナポリ (著),金原 瑞人 (共訳),久慈 美貴 (共訳)

なぜ魔女は、暗い森の中にお菓子の家を建て、いともたやすく、グレーテルに殺されてしまったのか。お菓子の家に隠された、美しくも哀しい秘密。グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」の...

もっと見る

逃れの森の魔女

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ魔女は、暗い森の中にお菓子の家を建て、いともたやすく、グレーテルに殺されてしまったのか。お菓子の家に隠された、美しくも哀しい秘密。グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」の魔女を主人公に、その生涯を描いた悲劇。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ドナ・ジョー・ナポリ

略歴
〈ナポリ〉スウォースモア大学言語学教授。「逃れの森の魔女」で米図書館協会ヤングアダルト向けベストブック「パブリッシャーズ・ウィークリー」ベストブック・オブ・ザ・イヤーを受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

魔法使いのおばあさんが一人森の奥に住んでいた理由は…せつなく胸を打つ、独創的な物語

2006/11/12 01:32

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TYANA - この投稿者のレビュー一覧を見る

森の奥の小屋に住む生まれつき醜い女性が主人公。
実は「ヘンゼルとグレーテル」の再話なのですが、子供向けのメルヘンではなく、魔法使いのお婆さんはなぜ魔女になってしまったかという物語。
本来は優しい母親で、一人で育てている娘を可愛がり、産婆としても有能でしたが、とても貧しかったのです。
悪魔払いもする治療師にならないかという誘いを受けて、自分とは違って美しい娘にもっと何か買ってやりたい気持ちのあまり、しだいに危険な領域に踏み込んで行きます。
考えてみれば、産婆というのはとても重い役割を担う仕事ですよね。
医学も発達していない死亡率の高い時代に、頼りにされているだけに、プレッシャーも相当あったことでしょう。
魔女として摘発を受け、ついには変身してからくも逃げ延びるが、悪魔のささやきと闘い続ける孤独な暮らしとなってしまう。その辺の生々しさ、残してきた娘に災いが及ぶことを恐れて思い浮かべることさえもやめようとする切なさ…
そこへ現れるのがヘンゼルとグレーテル!
意外な発想と感動的な展開で胸を打ちます。
魔女の内面を描いた作品は珍しいでしょう。
それほど長い作品ではないのですが、この独創性とこくのある文章が素晴らしい。薄い絵本を開いたら、入念に描き込まれた油絵が出てきたような、ずっしり重い手応えがあります。
忘れられない作品になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「パロディ」というより「もう一つの」『ヘンゼルとグレーテル』

2003/12/11 00:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

背中の曲がった女は、仕事を持ち込んでくるバーラからは「醜い女」と呼ばれ、娘アーザからは「お母さん」と呼ばれる助産婦だった。彼女は、やがてお菓子の家に住み、ヘンゼルとグレーテルと出逢う事になる。

『本当は恐ろしいグリム童話』のヒットで、残虐性を帯びた童話達が続々と登場した。一段落した今年、この本がひょっこりと現れた。今年でかえってよかったと思う。あのブームの中の一冊として認識されてしまうと、見過ごされ、果ては内容を誤って分類されてしまっただろうから。これは決して扇情的なパロディではなく、全く別の面から、よく知られている「ヘンゼルとグレーテル」に光を当てた結果、見えてきた一人の女性の戦いを描いた物語である。

セリア・リーズの『魔女の血をひく娘』でも、薬草の知識を使って人々の病を治す治療師であるヒロインの祖母が、教会から妖術を操る怪しい魔女として処刑される。科学の進歩、技術の発展。今ならば諸手を挙げて喜ばれるこの二つが、最も危険視されたのが中世である。科学や知識を持っている事が名誉ではなく、むしろ危険であった時代の存在は、今では口の端にも上らない。
もちろん教会側も、そのような過去には口を拭う。

彼女は神を心から愛し、感謝を欠かさなかった。最前線で働く神のしもべとして、最も悪魔を知り、予断を許さぬ戦いに、常に勝ちをおさめてきた。だが、その戦いの模様は、常人には見えない。これは、後に悪魔と彼女が同一視される伏線となる。たった一度、手を伸ばしたばかりに、あれよあれよと全てを失ってしまう彼女に、神の慈悲は下りないものか。あれだけ神経を使って、敬虔な日々を重ねてきたのに。神のみわざを、神の代わりに行って、危険に立ち向かってきたのに。そう責めれば、おそらく神は言う。
追放したのは、おまえ達人間ではないか。
振り返ればそこに、
今まで彼女に命を救われた人々の、手のひらを返したような視線が
ある。

一時たりとも気を許せず、世の中全てを敵と見なさなければ生きてゆけない彼女の緊張感が伝わってくる。それでも尚、触れ合いを、暖かな言葉の応酬を求めてしまう。それこそが、体がどんなに変化しようと、彼女が人間である証拠なのに。まるごと彼女を理解できる人は、もういない。孤独な彼女と狡猾な悪魔の戦いは、読み進むごとに息苦しい。
童話に登場するエピソードの数々が、魔女側の心情描写を交えて描くと、全く異なる印象を残しながらも、いずれも説得されるに十分な力を持つ。作者の構成力と独創力にはただただ驚かされるばかりだ。
段々と文章を短くしていって、ここだ! という所で終わっているその幕切れまで、一切無駄のない文章。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/07 13:49

投稿元:ブクログ

ヘンゼルとグレーテルのパロディ。恐ろしくよかった。泣けた。結局もちろんオチは変わらないのだけど、そこに最後まで崇高で清らかだった魔女である彼女の救いが見えたので、これでよかったんだよな…と思わずにいられない。

2004/10/25 22:37

投稿元:ブクログ

童話の「ヘンゼルとグレーテル」のパロディ。
醜いけれども、心の美しい産婆が、悪魔にだまされて魔女になってしまう。「ヘンゼルとグレーテル」のあの怖い魔女の視点で、淡々と書かれていました。魔女になって、ヘンゼルとグレーテルに殺されるところの心境までかかれていました。
淡々とした文章に美しい情景描写が内容とミスマッチな感じで、余計かなしかった。あと、挿絵もよかったです。すぐに読めたよ。

2004/11/21 20:22

投稿元:ブクログ

「ヘンゼルとグレーテル」のパロディ。お菓子の家に棲む魔女を主人公に、彼女の正体に画期的な解釈を与えています。悲劇的でありながらとても美しい作品。

2012/01/18 11:19

投稿元:ブクログ

「ヘンゼルとグレーテル」の物語の魔女を主人公にした物語。
さらりと読めてしまうのに、設定や人物の考え方などが、すごく真実味がある。

シンプルなラストも良い。

2005/11/22 21:32

投稿元:ブクログ

ヘンゼルとグレーテルの魔女は、なぜ一人森の奥のお菓子の家に住んでいたのか?魔女の生涯をさかのぼって語った悲しく美しいお話。

2009/09/29 23:19

投稿元:ブクログ

「ヘンゼルとグレーテル」の再話ですが、子供が主人公のメルヘンではなく、魔法使いのお婆さんはなぜ魔女になったかという物語。

森の奥の小屋に住む醜い女性が主人公。
一人で育てている娘を可愛がる優しい母親で、産婆としては有能でしたが、とても貧しかったのです。
悪魔払いもする治療師にならないかという誘いを受けて、自分とは違って美しい娘にもっと何か買ってやりたい気持ちのあまり、しだいに危険な領域に踏み込んで行きます。
魔女として摘発を受け、変身してからくも逃げ延びるが、悪魔のささやきと闘い続ける孤独な暮らしとなってしまう。その辺の生々しさ、残してきた娘を思うこともやめようとする切なさ…
そこへ現れるのがヘンゼルとグレーテル!
意外な発想と感動的な展開で胸を打ちます。
魔女の内面を描いた作品は珍しいでしょう。
薄い絵本を開いたら、入念に描き込まれた油絵が出てきたような、ずっしり重い手応えのある独特な作品です。

2010/12/06 10:21

投稿元:ブクログ

ヘンゼルとグレーテルをモチーフにしたお話。
結末はわかっているのに、どうか、ああどうか救われてくれと願ってしまう。
じっくり味わいたいのに、ページをめくる手が止まらなくて一気に読んだ。
このとんでもねえ臨場感。

境界。あちらがわとこちらがわ。
重ねることがあったとしてもグレーテルはあくまでグレーテルで代替物ではない。というところに安心した。
娘たちは幸せになれるのかな。


金原瑞人のあとがきに同感。
桐野操とかか。

2007/08/19 22:51

投稿元:ブクログ

古典童話を現代的な心理描写テクニックを使って再解釈したシリーズ第1弾。モチーフはヘンゼルとグレーテルだが、主役はお菓子の家に住む魔女。
「何故、神を信じ一人娘を愛して人々のために働く善良な女治療師が、魔女として呪われるようになったか?」と言う話になっている。被差別者である魔女の苦しみがみっちり描いてある点がよい。

2016/05/27 06:54

投稿元:ブクログ

お菓子の家、ヘンゼルとグレーテルの登場は後半だけど、どうして魔女がそうなったかがわかる。
知ってるつもりの物語にもこんなサイドストーリーが。

2009/06/14 23:53

投稿元:ブクログ

『私の美しい娘 ラプンツェル』の前に
書かれた作品。前作が面白かったので、
読んでみました。

この作品は童話『ヘンゼルとグレーテル』を
下敷きにした物語なんですが、ヘンゼルとグレーテルが
出てくるのはかなり最後の方になってから。
ヘンゼルとグレーテルをお菓子の家に誘う魔女
(のポジションにあたる人物)が主人公。
腕利きのお産婆さんから女魔術師になるけど、
仕事中に油断した事で悪魔に魔女にされてしまい、
村を追われ、その後は悪魔の眼をひたすら恐れ、
森の奥深くでお菓子で飾った家に孤独に暮らしていた。
そんな暮らしが長く続いたある日、子供が二人
迷い込んでくる…。
悲しくも優しい、魔女のお話。

2009/10/23 07:07

投稿元:ブクログ

「ヘンゼルとグレーテル」の魔女が、魔女になって死ぬまでのお話。
哀しすぎるお話ですが、最後はほんの少しの救いがありました。
魔法陣とか、祝福されたアメジストなどが印象的。
本場の西洋のファンタジーだなぁ。
しっかり作り込まれて、描込まれている。
悪魔との戦いは、本当に孤独。
これは、魔女じゃなくどんな人でもそうかもしれない。
気付けば、翻訳らしい日本語の変な部分などなく、すらすら読めたのは金原瑞人の筆力なんだろうなあ。

2008/10/29 17:13

投稿元:ブクログ

大人向けの童話って感じ。
ヘンゼルとグレーテルの話を再構築して、魔女にそれなりの動機を与えている。

2009/04/28 00:56

投稿元:ブクログ

高校生の頃読んだ本。
多分今も学校の図書館に置いてある、はず。

「ヘンゼルとグレーテル」に出てくる、
魔女のお婆さんを主人公にしたお話。
魔女がまだ若く、悪い魔女になる前からスタートし、
最後グレーテルの手により焼き殺されるまでが
描かれてます。
視点を変えるとこんなに面白くなるのかと、
読んだ当時かなりびっくりした覚えがあります。

自分の娘を幸せにしたいという思いから、
道を踏み外して呪いにかかってしまい、
森の中ひっそりと暮らす様が
物哀しいです。

途中の、魔女が森の中にお菓子の家を作るシーンが
とても好きです。
赤い果実で色付けした飴を窓ガラスにしたり、という
描画が美味しそうで美味しそうで♪

ファンタジー ランキング

ファンタジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む