サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小林秀雄のこと
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/370p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-022808-0
  • 国内送料無料

紙の本

小林秀雄のこと

著者 二宮 正之 (著)

近代日本における「信」と「知」との間に身を横たえ、文人として歩み続けた小林秀雄。その軌跡を現代文明の抱えている世界共通の問題にかかわらせ、その思考の相を「ことば」の深い地...

もっと見る

小林秀雄のこと

3,456(税込)

ポイント :32pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近代日本における「信」と「知」との間に身を横たえ、文人として歩み続けた小林秀雄。その軌跡を現代文明の抱えている世界共通の問題にかかわらせ、その思考の相を「ことば」の深い地平で読み解き、平明に語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

二宮 正之

略歴
〈二宮正之〉1938年東京都生まれ。東京大学大学院仏語仏文学科博士課程中退。パリのエコル・ノルマル・シュペリュールに学ぶ。ジュネーヴ大学文学部日本学科教授。著書に「私の中のシャルトル」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

小林秀雄再評価のために、日本語の外側から小林秀雄を考える

2003/06/25 04:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:碧岡烏兎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 二宮は、「近代の超克」と題された一九四二年の座談会での、小林の発言と沈黙を手がかりに小林の時代に抗う姿を浮き彫りにする。戦中の小林秀雄を理解するのは難しい。「無常といふ事」ですら厭戦的と警告された時局を想像することが、まず容易でない。まして、そうした状況で直接政治的な発言、行動によってではなく、文学のなかで文学の独立性を問うことによって時代に抗うという姿勢は、時局におもねたという平板な理解に陥りやすい。
 これに対して、二宮が明らかにするのは、戦争の政治的な是非だけを問いかけたり、近代の超克を単純に公式化したりしない、言わば疑い続ける批評家の姿である。戦争の拡大は知識人に政治的な態度表明を迫った。ある者は体制寄りへと転向し、ある者は抵抗を続けた。しかし政治化するという意味では、いずれも時局に溺れていることに違いはなかった。これに対して小林は、事態を政治に還元せず、自分の思想、文学の問題として引き受ける。二宮の論考に従えば、その苦しみから「無常といふ事」が生まれたと理解すべきなのだろう。
 知識人に求められるのは、政治的な態度表明ではなく、政治的になっている問題の虚像を暴露し、本質的な問題を明らかにすることであると、サイードは『知識人とは何か』で述べている。本書は、そうした不屈の知性を備えた稀有な知識人として小林秀雄を描く。サイードはまた、知識人は知的亡命者であらねばならないともいう。複数の文化を生きることによって、自己を相対化することができるからである。
 複数の文化という意味では、小林秀雄は日本の古典だけでなく、フランス文学とロシア文学を通じて、自己を疑い続ける術を学んだ。小林は漱石、鴎外など明治期の日本文学にほとんど関心を示さなかったという二宮の指摘は、日本文学にどっぷりつかったのではなく、異なる視点から日本文学、日本文化を見つめたということを示唆する。
 また、そうした小林秀雄の知的亡命を見出すことができたのは、二宮自身が日本語とフランス語という二つの世界を行き来しながら考えを深めている、すなわち彼自身が知的亡命を続けているからに違いない。「近代の超克」を主題とした第三章は、もともとフランス語で書かれたものだという。そこには予備知識がない人にも理解させるために、小林秀雄という一個人から、知識人のあり方という普遍的な問題をできるだけすくいだそうという姿勢が見られる。
 小林秀雄は決定版の全集発刊以来、再評価の兆しが見られるらしい。私自身、昨年の「小林秀雄展」をきっかけに新しい全集を読み始めた。懸念するのは、小林秀雄の再評価といった場合に、日本文化の複雑性、多様性を捨象し、自分勝手に選び出した文化財や風景だけを疑いもせず賞賛する勢力によって、日本文化礼賛者として小林秀雄が再び教祖にまつられてしまうことである。本書のように、客観性、普遍性をめざした研究が、そうした安易な読解に対する防波堤になるのではないか。
 二宮は、『森有正エッセー集』の編者でもある。本書でも、日本語を基点に、それを疑い、磨くことに専心する小林秀雄と、母語をいったん離れ、フランス語の理解、表現から日本語表現を追究した森有正がところどころで対比されている。同じ著者による「母国語は宿命か——森有正と小林秀雄」をあわせて読むと、日本語での表現にこだわり続けた小林秀雄の執念が、より客観的に浮かび上がってくる。

烏兎の庭

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/05 22:39

投稿元:ブクログ

烏兎の庭 第一部 書評 3.18.03
http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto01/yoko/kobakotoy.html

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む