サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

だれも死なない
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 中学生 一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: メディアファクトリー
  • サイズ:22cm/143p
  • 利用対象:小学生 中学生 一般
  • ISBN:4-88991-970-8
  • 国内送料無料

紙の本

だれも死なない (リエゾン・リーブル)

著者 トーン・テレヘン (作),長山 さき (訳),金子 国義 (絵)

ひっくり返れないことにコンプレックスをもつサギ、とまどいながらタコとお茶をするリス、理屈っぽくてナイーブなアリ、思い出をとっておく箱、風が運んでくれる木の皮の手紙…。大人...

もっと見る

だれも死なない (リエゾン・リーブル)

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ひっくり返れないことにコンプレックスをもつサギ、とまどいながらタコとお茶をするリス、理屈っぽくてナイーブなアリ、思い出をとっておく箱、風が運んでくれる木の皮の手紙…。大人にもグサリとくる哲学童話。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

トーン・テレヘン

略歴
〈テレヘン〉1941年オランダ生まれ。ユトレヒト大学医学部卒業。現在はホームドクターの職を退き、著作に専念。金の石筆賞など権威のある児童文学賞を多数受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

子どもから、おとなまで/再販熱望!!

2016/10/25 09:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:390 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小さな子どもは語感を楽しむように、もぅ少し大きくなったら動物たちの姿を想像しながら、おとなになったらまた言葉のひとつひとつを味わいながら――。
金子國義さんの挿絵も素晴らしい。ずっと手元に置いておきたい、大切な1冊です。

絶版となっているのが本当に惜しい。トーン・テレヘンの新作『ハリネズミの願い』が注目されている今こそ、ぜひ再版して欲しい!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつかどこかで

2002/07/06 22:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:reh - この投稿者のレビュー一覧を見る

これを「哲学的」として片付けてしまっていいものだろうか。登場する動物たちはいつもお互いを訪問しあい、いつもだれかの誕生日を祝っている。気づかいあって、悩みを抱えることもある。そうしてふと友人の大切さに気づく。とてもふしぎな空間だけれど、どこか懐かしい。これは私たちが、いつかどこかに置き忘れてきた日常なのではないだろうか。そうしてその日常の中に訪れるかけがえのない一瞬。この誰もが感じた事のある「一瞬」はしかし、もはやこの書物の中でしか味わうことができないのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/27 16:25

投稿元:ブクログ

 
あなたがわたしのそばでいきてる!

ささやかでおおきなしあわせ
いとしいかけらたち

      あいしてる

だからね
[だれも死なない]んだよ



そんなやさしいおはなしです

恵文社で初めて買った1冊の本
恵文社で最後に買った1冊の本
  

http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=246637&id=8268

2009/04/09 00:25

投稿元:ブクログ

これは 招待状です。

さあ 動物たちとの 詩的なお茶会へ。

ゾウも リスも 同じ大きさ。

お茶を飲んだり 話したり

文通したり。

そして だれも死なない。

どこかせつなくて 詩的で

ちょっとテツガクふう。

2009/08/11 14:00

投稿元:ブクログ

”大人のための哲学童話”

人間みたいに色々考えてる動物たちが愛らしい。
ほのぼのでナンセンスなものがたり。

でも時々、ドキリとする言葉もあったりする。

秋の夜長のおともに。

2017/05/27 23:47

投稿元:ブクログ

2、3ページの短いお話がたくさん。すごく好き。動物たちそれぞれに個性があって、その個性だけでも充分楽しい。ゾウが友だちのリスに手紙を書く。でもゾウは「く」しか書けない。手紙をもらったリスは返事を書く。でもゾウは返事を読めない。だから頭の下に置いて寝た。なんてのんびりした温かい話なんだろう。リスが大好き。

2017/05/13 23:50

投稿元:ブクログ

トーン・テレヘン氏の原則がとてもいい.タイトルにそのまま選んだ谷川俊太郎さん,さすがのセンス.リスやアリの友情,ゾウのとぼけたふわふわ具合,考えすぎるカメ,コオロギやカエル,イカにタコ、ホタルやミミズありとあらゆる生き物が自由に振る舞う世界.ほわんほわんして素晴らしい.

2016/09/25 09:12

投稿元:ブクログ

 動物や虫が登場人物の掌編集。
 特別に大きな事件があるわけでもなく、静かに淡々とストーリーは進む。
 オチがあると言えばあるけど、ないようにも感じる。
 ハッピーエンドというほどでもないけれど、バッドエンドでもない。
 とにかく不思議な話。

 暑さで象は溶けてしまうし、爆発したコオロギはカミキリムシが治してくれる。
 誕生日。
 手紙。

 とにかく不思議な話。

2017/04/24 22:32

投稿元:ブクログ

「リス、いつかぼくたちも終わると思う?」ある時、アリがたずねた。
オランダ人の著者による、動物たちの短い短い物語。


タイトルと表紙を見て風刺物かと思い、読み進めて行くうちに哲学っぽいと感じ、読み終えて「なんだ、単純に楽しめば良かったんだ」と気付いた。

2011/07/09 21:01

投稿元:ブクログ

文章をつむぎ、物語を組み立てると、どうしても捨てられない
「流れ」というものがある。それは作者の「エゴ」とも言う。
この作者の掌編寓話は、そのへんがバッサリ潔い。
あまりに潔くて、何か白昼夢を見たような読後感です。

2017/01/19 21:34

投稿元:ブクログ

動物たちが宙に浮かんだり、海の中でお茶したり。自由奔放なユーモアでいっぱいのお話......なのになんだろう、この漠然とした淋しさ。
だれも死なないし、みんなが仲良し、ケーキも蜂蜜ある。それでも孤独や不安はいつもすぐそばに、一番親しい友達のようにそこにある。
装丁はどう見ても児童書ですが、複雑な大人の味わい。

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む