サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

インテリアと日本人
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:20cm/235,3p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7949-6426-9
  • 国内送料無料

紙の本

インテリアと日本人

著者 内田 繁 (著)

靴を脱ぎ、床に坐る暮らしが生んだ日本の「住まいの方法」が、最先端のインテリアデザインに生かされ、世界で高く評価されている。インテリアの基本を取り出し、未来のデザインを拓く...

もっと見る

インテリアと日本人

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

靴を脱ぎ、床に坐る暮らしが生んだ日本の「住まいの方法」が、最先端のインテリアデザインに生かされ、世界で高く評価されている。インテリアの基本を取り出し、未来のデザインを拓く、実践と思想のテキストブック。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

内田 繁

略歴
〈内田繁〉1943年神奈川県生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。インテリアデザイナー。毎日デザイン賞、日本文化デザイン会議会員賞など受賞。著書に「椅子の時代」「三つの二畳台目」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2000/6/1

2000/10/26 00:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経デザイン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 門司港ホテルや神戸ファッション美術館などを手がけた、日本を代表するインテリアデザイナー内田繁氏が、日本文化というフィルターを通してインテリアを論じた。まず、インテリアデザインとは美しく機能的な空間を作り出すことではないと言う。そもそもインテリアデザインがなぜ建築、芸術、工業、工芸などから分離し自立したのか。「単に効率を重視した社会の物理的側面のために生まれたのではなく、人間の精神にかかわる分野としてあらためて登場したのである」。すなわちインテリアデザインの本質とは生活文化や心の問題を扱うことである。日本のインテリアデザインには日本人ならではの心、感覚が反映されているということだ。内田氏は日本人の空間感覚を生み出したものとして、「沓脱(くつぬぎ)の文化」と「坐る文化」を挙げる。これらの文化こそが、「非構築的な空間分割」「水平感覚」「仮設性」「あいまいな中間領域の創造」といった日本独自の空間デザインを生み出した。社会システムがどんなに変化しても、日本人の生活を支えているのは、床に座り、靴を脱いで暮らすという文化だ。日本固有の空間概念はいまだに今日の社会に生き続けていると主張する。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/12 23:26

投稿元:ブクログ

日本人のライフスタイルが生み出すインテリアデザイン、そしてライフスタイルを形成する自然環境という着眼はおもしろいと思った。

2007/12/08 02:43

投稿元:ブクログ

日本の歴史的発展の経過からインテリアというものがどう根付いてきたのか書かれている。坐の文化と茶室の歴史というのが主に大きな影響を、西洋と違った独自なものを作り上げたと結論付けている。

建築 ランキング

建築のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む