サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

銀行再編のビジョン
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:21cm/163p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-55209-6
  • 国内送料無料

紙の本

銀行再編のビジョン (政策研究シリーズ)

著者 吉田 和男 (著)

金融の変化の方向性を考える上で基本となる問題を洗い直すと共に、ネットワークを軸とした金融からマーケットを軸とした金融に再編されることの必要性を具体的に提示する。【「TRC...

もっと見る

銀行再編のビジョン (政策研究シリーズ)

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

金融の変化の方向性を考える上で基本となる問題を洗い直すと共に、ネットワークを軸とした金融からマーケットを軸とした金融に再編されることの必要性を具体的に提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

吉田 和男

略歴
〈吉田和男〉1948年大阪府生まれ。京都大学経済学部卒業。京都大学大学院経済学研究科教授。21世紀日本フォーラム代表幹事。著書に「日米「不公平」論」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2000/4/2朝刊

2000/10/21 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 三和銀行と東海銀行、あさひ銀行の三行統合が発表され、日本の大手銀行は四大勢力に分割されることになった。メガバンク(巨大銀行)の構図は決まったわけだが、時代に背中を押されたかのような瞬く間の再編には、現時点では統合の効果に疑問も浮かぶ。タイミングよく出版された本書は、再編後の銀行が進むべき方向性を様々な角度から分析している。
 骨子は「ネットワークを軸とした金融からマーケットを軸とした金融」へ変革するための具体論の提示。低い自己資本比率を引き上げるには、メーンバンク制からの脱却が不可避であり、「市場での裁定関係を重視した取引」、すなわち金利の調整を基本に、銀行自身がリスクを管理し、処理していくしかないと説く。金融工学研究の充実にも触れるなど、今後の問題点を総点検する際に参考になる。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

金融 ランキング

金融のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む