サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人の心はどこまでわかるか(講談社+α新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/217p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-272003-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

人の心はどこまでわかるか (講談社+α新書)

著者 河合 隼雄 (著)

人の心はどこまでわかるか (講談社+α新書)

799(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー38件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

メタファーとしての物語り

2004/09/14 14:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:24歳 - この投稿者のレビュー一覧を見る

河合先生は臨床心理士の質問にメタファー的態度でお答えになっているところがおもしろかった。臨床心理士としての河合先生の態度もそのようなものであるのかもしれない。
なにかこころやからだに問題や困ったことが起こったとき、それを解決(あるいは少し楽にする)ときの方法の一つとして、物語を読むような方法がある気がさせられた。
他人のこころだけでなく、じぶんの気持ちも手法ではなく、物語を読んだら少しわかったということがあるような気にさせられた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分の心を見直す参考に

2003/02/09 18:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中堅の臨床心理療法家が、治療の現場で悩み、疑問を持った事柄を、ベテランの 河合隼雄先生に手紙で質問し、それに答える形で、心理療法の実際、クライエントとの関係、経験、等を語っている。個々人の被治療者と治療者、関連環境の違いがあり、事例を一般化することは、危険ではあるが、個々の事例の解説を聞くことで、臨床心理療法家でなくとも、自分自身の心理分析や、人との付き合方、の参考になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エッセンス&乱反射

2001/10/24 21:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3307 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 より深く理解した人ほど鋭い質問ができるんですね。河合隼雄さんに対して、17人の心の専門家が多様で切実な質問を投げかけます。それらの優れた質問が、河合さんのエッセンスをどんどんくみ出してくれます。その様子は、乱反射するミラーボールのようでもありました。
 臨床心理家としての自分に「だめじゃないのか」と自問自答する姿勢を失ったとき、その人の進歩が止まる。そんな言葉が、胸に残りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/25 23:48

投稿元:ブクログ

この人の本を対談じゃなくてちゃんと読んだのは、「こころの処方箋」以来なのかもしれない。といっても、口述筆記だそうですが。わかりやすいことばで、一応臨床心理士に向けても話していて、とてもよく理解できた。しかも、行動療法の話が出てきた辺りでは、なるほどなるほど、こういう見方もあるのね、と面白く読んだ。でも、やっぱりなんていうのかな、臨床心理士の人が書けば、臨床心理士中心になるのだなぁ、と思ったのであった。ちょっとはこういう本も読もうっと。

2010/09/25 17:10

投稿元:ブクログ

人の心がどこまでわかるか、書かれている本ではなく、心理療法家の方々の視点から心の問題を問いかける本。
自我を鍛えたい。

2006/08/09 13:23

投稿元:ブクログ

心理療法家として現場に出ている人たちとの対談を通じて
人とどう関わっていくか・・・
河合さんの姿勢を語っている本。

2007/05/14 23:21

投稿元:ブクログ

ユング派診療療法を用いる著者が大学教授、心理分析士等様々な方からの質問に答えるという形式で書かれた本。
臨床心理士の心構え、あり方、向き不向き、また現代の日本人・子供の精神等について語られています。
臨床心理士といえども人間なので、苦悩や試行錯誤等様々あって、やっぱり大変そう。人格者でないととてもじゃないけどやっていられない仕事だなと思う。
本の中でも、時には父性原理で対応しなくてはクライエントの新たなる展開は始まらない。という内容になるほどなぁと思いました。
特に日本人は母性原理(保護、受容)で対応しがちになるそうですが、父性原理(切断)によって自己の確立を促すことが必要だそうです。
患者の甘え、怠惰に対して「そんな風な態度ではこれ以上治療にきてもらう必要は無い」とか。
ハッキリ言っちゃう。素人からすると精神的に参っている人に対応する時に、そんなこと言ったら大変なことになるんじゃと思うし、場合によっては逆効果だろうから安易に真似できるものではないですが。
そのサジ加減を上手く行うことで良い方向に導くことができるんだとか。

でも父性ってなかなか難しい。昨今、父親が弱くなったとか言いますが、弱くなることがいけないとは限らないと思う。けど家庭内での存在が薄くなっているのかもしれない。
恐怖を植えつけるためだけの”殴る””蹴る”等の暴力的な手段による強制はいけない。粗暴さではない力。例えば態度・言葉でもって父性を示すということが重要だそうです。
そりゃ殴る蹴るしてくる父さんは怖いので言うことは聞くでしょうが、「この野郎…」って心の中で思って決して尊敬はできないだろうし。
男は黙って態度で示してここぞという時にビシッと決めるとかだったらカッコイイ。
でもそれが一番難しいだろうなぁ。

2013/04/27 10:36

投稿元:ブクログ

人間の心がいかにわからないかを骨身にしみてわかっている者が、「心の専門家」である、と私は思っている。
要は、本気でやっているかどうか
人間が生きていく場合、ある程度、モノがないほうが生きやすいのではないか
私たちの言語表現能力には限界がありますから、実際の体験、実際に起こっていることのほんの一部しか表現することはできないはずですが、いったん言語化されると、あたかもそれがすべてであるかのような錯覚を招きがちです。だから、つねにそういうことを踏まえていないと、大きな間違いをおかすことになります。
自分が変わるときには、苦しいもの

2007/10/18 23:08

投稿元:ブクログ

人の心がわかるには、まず自分の心の動きがわからなくては、と思う。カウンセラーの仕事は、クライエントの話を聴いているだけと思われるが、その中で「仕事とは何か」「遊びとは何か」「生きるとは」などと考えている。それを深めていくと、カウンセラーとしての、というより、人間として幅がどんどんふくらむ。

2007/09/18 01:39

投稿元:ブクログ

自分の一言が相手を自殺に追いこむ可能性を常に含んだ現場において、治療者もクライエントも命がけの対話をしている。本当に難しく、厳しい職業だと思う。

2008/02/05 17:57

投稿元:ブクログ

線をひいて控えておきたい文章がたくさん!繰り返し読むことにより、知らず知らずのうちに、ものの見方に影響を受けた。そのことは自分のためになったと思う。

(2007年夏購入)

2012/11/25 18:34

投稿元:ブクログ

タイトルから「人の心はどこまで・・・」なので
この問題を探求する一冊かと思っていた。
しかし、この本は心療内科の先生たちの経験を
語った一冊。
これを読む限り、医師の方が取り込まれてしまいそうだ。
非常に大変な仕事である。

2010/06/07 20:33

投稿元:ブクログ

現場で活躍する心理療法家たちのさまざまな質問に答えるかたちで出来上がった本である。気軽には読めるが、読むほどに人と人のかかわりについて胸にしみるような言葉が多かった。

現場で苦労する心理療法家たちの真剣な質問に、著者も熱心に語り、小冊子ながら奥行きと幅のある、良質な本になっている。著者が、来談者にかかわる姿勢が、じかに感じられる。

深いところにどんと安定して来談者にどこまでも付き添っていく限りない包容性。それでいてちょっとした言葉の端はしに、こちらがハッとするような細やかな指摘があったりして、じつに参考になる。

心理療法について語りながら、人間と人間との関係についてのもっとも深いところに平易な言葉で触れていく、魅力的な本だ。

2010/05/17 21:48

投稿元:ブクログ

心理療法家が主なテーマだけれど、
それ以外の仕事に対する情熱みたいなものの大切さも気づかせてくれました。しかもすんなりと。
絶え間ない勉強勉強。

2009/08/21 12:01

投稿元:ブクログ

「人間の心がいかにわからないかを骨身にしみてわかっている者が『心の専門家』である」と、著者の河合隼雄先生は語られています。「心」に何かしら携わる限り、そこには「謙虚さ」が必要であると、改めて感じさせられました。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む