サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いぬはてんごくで…
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:31cm/31p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-03-327770-6
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

いぬはてんごくで…

著者 シンシア・ライラント (作),中村 妙子 (訳)

いぬは天国にすきなだけいられる いつまでもいつまでもいられる どのいぬも、天国ではおりこう 天国のいぬは天使のいぬ-。いぬが天国にいった時の様子をかわいらしくユーモアを込...

もっと見る

いぬはてんごくで…

1,512(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いぬは天国にすきなだけいられる いつまでもいつまでもいられる どのいぬも、天国ではおりこう 天国のいぬは天使のいぬ-。いぬが天国にいった時の様子をかわいらしくユーモアを込めて描いた絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

シンシア・ライラント

略歴
〈ライラント〉1954年ヴァージニア州生まれ。ケント州立大学などに学ぶ。絵本・短編集、小説、詩集など作品は多岐にわたり、数々の賞を受賞している。作品に「メイおばちゃんの庭」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

天国の

2016/10/26 20:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

天国にいる犬たちはみんな幸せそうだけどその生前のことが色々示唆されていてすごく考えさせられる。可愛い、を期待して読んだ絵本だったけど良い意味で裏切られた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いぬ

2017/05/08 06:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

犬は「天国でいつまでも幸せにいる。そんな事を想像させてくれる物語です。子供と一緒に大人にも読んでもらいたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

飼主を選べないから、悲しい一生を終えてしまったとしても、天国がこんなにすてきなところだったら、救われるよね。

2002/02/03 18:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星の子マミー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この絵本を読んで、「死後の世界観」が少し変わりました。
 描かれる世界はこんな世界です、
 天国というのは、「死後の世界」というよりも「ふるさと」なのだそうです。いぬをつくったのは、かみさまだからです。楽しい一生を終えたいぬも、そうでなかったいぬも、もどってくるふるさとは、、安らぎいっぱいの平等な世界です。いぬの大好きなものでみちあふれ、どのいぬも、ふかふかの、自分専用の雲のおふとんでぐっすり眠れるし、かみさまがすべてのいぬをよくみてくれるので、怖い夢なんか見なくてすむのです。どのいぬも、なでてもらえる、ほめてもらえる、自分の名前をかいたえさいれも持っている。地球の上に、ほんとうのいえがなかったいぬも、天国では、いえをもらう。そして、なつかしいともだちが、天国に戻ってきた時、いりぐちででむかえ、ずっとずっといっしょにくらすのだ。
 作者は、いぬだけでなく、生きとし生けるものすべての救いの場を、この絵本にたくしたのではないだろうか。
 とてもこころなごむ、救われる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/03 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/06 19:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/11 14:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/07 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/16 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/21 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/05 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/11 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む