サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ベストセラーのゆくえ 明治大正の流行小説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ベストセラーのゆくえ 明治大正の流行小説
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 翰林書房
  • サイズ:22cm/246,10p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87737-094-3
  • 国内送料無料

紙の本

ベストセラーのゆくえ 明治大正の流行小説

著者 真銅 正宏 (著)

「金色夜叉」や「魔風恋風」をはじめとする明治大正の流行小説が、なぜ初出当時あれほど流行し、ベストセラーとして再刊価値をもつ作品であったにも関わらず現在ほとんど忘れられてし...

もっと見る

ベストセラーのゆくえ 明治大正の流行小説

4,536(税込)

ポイント :42pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「金色夜叉」や「魔風恋風」をはじめとする明治大正の流行小説が、なぜ初出当時あれほど流行し、ベストセラーとして再刊価値をもつ作品であったにも関わらず現在ほとんど忘れられてしまっているのか、その要因を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

真銅 正宏

略歴
〈真銅正宏〉1962年大阪府生まれ。神戸大学大学院文化学研究科博士課程単位取得退学。徳島大学助教授を経て、現在、同志社大学文学部助教授。著書に「永井荷風・音楽の流れる空間」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2000/5/7朝刊

2000/10/21 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 貫一お宮で有名な尾崎紅葉の『金色夜叉』。新聞連載で大好評を博した名作が実は未完であるというのは余り知られていない。なぜ大ベストセラーは生まれ、その後忘れ去られたのか。少し俗っぽいテーマに若手研究者が正面から取り組んだ。
 「何がベストセラーか決めるところから難航した」と著者は明かす。取りあげた作品は『金色夜叉』のほか、キャラクター商品まで生み出し、「渦巻現象」を世間に起こした渡辺霞亭著『渦巻』など、明治・大正期の八点。すべて新聞連載小説だ。
 難問に挑んだ著者が提示した一つの見方が「読み巧者」の存在。新聞小説が確立していくに従って、インテリ層に限定されない多くの読者が育ち、積極的に小説にかかわっていく。作家も反響を意識してサービス精神を発揮しつつ、読まれるためのテクニックを洗練させていく。「開かれた世界で高度なコミュニケーションが当時は成立していた」。こうした書き手と読み手の「幸福な関係」が断絶してしまい、読む手がかりが失われてしまったことが「消える」要因の一つとみる。
 ヒントは、学生時代から趣味で見てきた文楽や歌舞伎。予備知識がなくても、見つづけることで次第に「見巧者」になり、演者と連帯感を共有するまでになった。それが「なぜ文学にはないのか」と思わせた。
 高校生のころは「名作」を読んでも「さっぱりわからなかった」。それでも、「感性とかいうあいまいなものでなく、文学固有の価値を知る尺度はないものか」と考え、研究者を志した。
 純文学研究が主流のこの分野では「異端者」。もちろん、射程は現代の文学界に向いている。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む