サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

およげないカバモモ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 北水
  • サイズ:18cm/1冊
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-939000-21-4
  • 国内送料無料

紙の本

およげないカバモモ

著者 あい しずか (ぶん),ますだ ちさこ (え),いとう まさお (かんしゅう)

カバは本当は水の中で生まれ、泳ぎを覚えます。だけど春のとっても寒い日に陸で生まれたモモは、おっぱいも飲めないし、泳ぎもできません…。長崎バイオパークで生まれたカバのモモを...

もっと見る

およげないカバモモ

1,080(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カバは本当は水の中で生まれ、泳ぎを覚えます。だけど春のとっても寒い日に陸で生まれたモモは、おっぱいも飲めないし、泳ぎもできません…。長崎バイオパークで生まれたカバのモモを紹介した実話。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

カバ モモ

2016/06/04 22:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

実際にあった話なので、自然と素直なかんじで、飼育員さんの気持ちが伝わってきます。この本を読んで、飼育員になりたいと思う子供も多いのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長崎バイオパークに「モモ」はいるよ。

2000/08/31 07:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

このお話は、長崎バイオパークを舞台に実際にあったお話です。
1994年3月、本来水中出産をするはずの母カバが、水温が冷たかった事もあり、
陸で出産をしました。

母乳を飲めず、体力が弱り、怪我をしているモモは、
仕方なく、母カバから、取上げられ、飼育係の手で育てられました。
一命を取りとめ、すくすくと成長したものの、本来なら母カバが教えてくれる
泳ぎ方を、人間に育てられたモモは知りません。

歩いたり、泳いだり…カバなら本能的にすぐ出来るものと思っていました。
母カバの役割の大切さが身にしみました。

それから、飼育係の伊藤さんが水の中に入り、泳ぎ方を教えました。
カバの人工保育は国内初、世界でも希だそうです。
一緒に水に入る、モモに触れることで、母カバの優しい温もりを感じているのだと思います。
実際、子どもに物事を教える時も、口で「こうしなさい。」と言っても、だめ。
親が実際に手本を示すことで、子どもは覚えていくのかもしれません。

お年頃になったモモの続編 同著者の「モモとムー」北水(1000円)もあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む