サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

12週間でマスターPCシーケンス制御
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 東京電機大学出版局
  • サイズ:26cm/216p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-501-10870-3
  • 国内送料無料

紙の本

12週間でマスターPCシーケンス制御

著者 吉本 久泰 (著)

シーケンス制御をはじめて手がける技術者や学生に向けて、PC(プログラマブルコントローラ)のハードウェアのしくみから、実務的なプログラムの方法までを順を追って解説する。【「...

もっと見る

12週間でマスターPCシーケンス制御

3,132(税込)

ポイント :29pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

シーケンス制御をはじめて手がける技術者や学生に向けて、PC(プログラマブルコントローラ)のハードウェアのしくみから、実務的なプログラムの方法までを順を追って解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

吉本 久泰

略歴
〈吉本久泰〉東京電機大学電気工学科卒業。CASテクノロジー研究所勤務。著書に「PC・シーケンス制御活用ブック」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

たとえば信号機を切り替えるような作業を制御するプログラマブル・コントローラーの使い方を演習形式で教授

2000/10/06 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 プログラマブル・コントローラー(PC)を用いた機器のシーケンス制御を学びたい読者に向けた参考書。PCの仕様書の読み方や,PCへ入出力機器を接続する方法を学んだあと,徐々に複雑な機器の制御を扱いながら,PCの使い方を深めていく。
 まずは最初に押されたボタンに応じてランプを点灯させる,いわゆる早押しクイズのランプ表示装置から入る。課題は徐々に難しくなってゆき,エレベータ制御や電気洗濯機の制御を扱う段階に至る。エレベーター制御では,エレベーターの構造とセンサーの機能をもとに,プログラムを考えさせる。制御仕様と特定のPCへの入出力配線図が与えられているため,プログラムの設計に専念できるように書かれている。
 具体的には,制御仕様にのっとったメイン・プログラムを設計し,次に細かい動作を規定するサブルーチンに相当するプログラムを作ってゆく。プログラム全体が完成した後,設問で,特定のセンサーが故障した場合にそれを検出する回路を付加する方法を問うなど,より深い理解が得られるように工夫してある。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

情報工学・自動制御・ロボット ランキング

情報工学・自動制御・ロボットのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む