サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. コンピュータ・IT・情報科学の通販
  4. 筑摩書房の通販
  5. 情報編集力 ネット社会を生き抜くチカラの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

情報編集力 ネット社会を生き抜くチカラ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:19cm/212p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-86325-7

紙の本

情報編集力 ネット社会を生き抜くチカラ

著者 藤原 和博 (著)

何が、21世紀の子どもたちの「生きるチカラ」につながるのか? 松岡正剛、金子郁容等、ゲームするココロとネットワークするチカラを引き出す全く新しい教育を目指す人々を訪ね、秘...

もっと見る

情報編集力 ネット社会を生き抜くチカラ

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

何が、21世紀の子どもたちの「生きるチカラ」につながるのか? 松岡正剛、金子郁容等、ゲームするココロとネットワークするチカラを引き出す全く新しい教育を目指す人々を訪ね、秘密を探るインタビュー集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

「情報編集力」って何? 松岡正剛 談 7-52
「ゲーム」で遊びながら学ぶ 金子郁容 談 53-82
「ネットワーク」でいっしょに学ぶ 佐伯胖 談 83-120

著者紹介

藤原 和博

略歴
〈藤原和博〉1955年生まれ。リクルート年俸契約のフェロー。ネットワークを使い総合学習を豊かにする「シーホースベイ・プロジェクト」に取り組む。著書に「処生術」「父生術」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

大人も身につけたいチカラ

2009/01/21 22:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:清崎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもに学力や知力を叩き込ませようとする従来の教育が見直され、これからは「生きるチカラ」を身につけさせる教育への方向転換が図られている。
本書では藤原和博氏が6人へのインタビューを通して、「生きるチカラとは何か?」「生きるチカラを育てる教育とはどういうものか?」について考える。

一貫したテーマは教育だが、教育関係者でなくとも大いに興味を惹かれる内容になっている。
個人的に一番印象に残ったのは、松岡正剛氏との対談の中での
「クリエイティビティというのはゼロから生み出すときときばかりじゃなくて、すでにあるものを自在に編集していくことからも新しい価値観が生まれる」というくだり。
「子供たちに情報を編集する力をつけてほしいと思う最大の理由は、自分オリジナルの思考や考えといったものは、既存のものの組み合わせでもできるんだという自信を持ってもらいたいんです」との言葉に、すーっと肩の力が抜けた。

ちなみに、沢尻エリカ嬢の旦那様・高城剛氏も対談者の一人。
この人はかなり面白い人だ。読めば分かる。ぶっ飛んだ少年時代は一読の価値あり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

次世代以降のために

2002/06/16 18:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 副題に「ネット社会を生き抜くチカラ」とあって、まあ、たしかに看板に偽りがあるわけではないんです。各章で言及されていることがらも、個々にみると、たしかに正論ではあると思う。だけど……。
 この本にあるような教育を受けてきた人たちが、実際に社会にでたとき、十全に能力を開花できるような環境を、現在、あるいは、近い将来の日本に用意できるんでしょうかね?
 という問いが、頭の中を駆け巡るんですよねえ。頷くところが多ければ多いほど。

 これからの、ネットワークの存在が「前提」になる社会において、子供たちに必要な能力はなんなのか。また、そうした能力を身につけるためには、どういう教育が必要なのか。というテーマを追求するため、著者の藤原氏が「一人の父親とし」て、松岡正剛、金子郁容、佐伯胖、香山哲、高城剛、鈴木寛各氏にインタビューした内容をまとめているのですが……。前述のとおり、「いってることが立派過ぎるなあ」、というのが、正直な読後感でありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2000/6/1

2000/10/26 00:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経PC21 - この投稿者のレビュー一覧を見る

情報が氾濫する現代で、子供が能力を伸ばしていくために必要なものとは何かを探るのが本書の目的だ。教育現場でインターネットやテレビゲームを実際に活用している例を取って検証している。どんな情報であっても自分の中で「編集」する力さえあれば恐れることはないとわかる。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/31 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/05 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/17 06:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

学習指導・生活指導 ランキング

学習指導・生活指導のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む