サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英単語「比較」学習帳(宝島社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島社新書
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7966-1749-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

英単語「比較」学習帳 (宝島社新書)

著者 ケリー伊藤 (著)

少ない単語で、幅広い表現ができるようになるコツは、英単語の微妙な「意味の違い」を知ること。基本的な英単語で、意味が似ていて間違いやすいもの・区別がつきにくいものを比較して...

もっと見る

英単語「比較」学習帳 (宝島社新書)

810(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

少ない単語で、幅広い表現ができるようになるコツは、英単語の微妙な「意味の違い」を知ること。基本的な英単語で、意味が似ていて間違いやすいもの・区別がつきにくいものを比較して、わかりやすく説明。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

求められたら説明に窮するような類語の違いを説明

2007/11/19 02:28

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BCKT - この投稿者のレビュー一覧を見る

1 これなら通じる名詞の使い方
2 英語力は動詞力!
3 続英語力は動詞力!
4 辞典ではわからない形容詞の使い方
5 前置詞、この使い分けで正解
巻末情報 ケリー伊藤の英語情報館

著者は1954年生まれ(出生地不明)。Brown Institute修了(ブロードキャスト・ジャーナリズム専攻)。ミネアポリス(ミネソタ州)のニュース専門局勤務。日本では,"Asahi Evening News" 英文ライター,サイマル・アカデミー講師を経て,企業研修で英語を指導するかたわら,Kelly’s English Labでの対面教育,Plain English in CyberSpaceでインターネット上の英語教育有料サイトを運営。Wikipediaには,伊藤洋一(住信基礎研究所主席研究員)が「1989年4月に“ケリー伊藤”の名でスタートした『サンデーラウンドアップ!』」という記述があるが,番組名でオンライン検索してもヒットせず。両者のサイトを見る限り,洋一とは別人と思われる。顔も別人。また,Brown InstituteをGoogle検索すると,「Brown’s DNA is broadcasting.」と謳うBrown College(ミネソタ州)がヒットする。名誉を傷つけるつもりはないが,事実として,アイヴィーリーグのブラウン大学(ロードアイランド州)とは別物。卒業時と現在では学校名が変更されたのだろうか? 

「本書は,日本人の英語学習者にとって画期的な内容です。私は自信を持って,英語学習者必読の書誕生!と言い切れます」(3頁)という著者本人の自信に満ち溢れた前書きで始まる本書は,類語の使用法を日本人英語学習者層に具体的に教えるもの。たとえば,differentとwrongの違いといったものから,betweenとamong,fallとdrop,sayとtellなど,わかっているようで,求められたら説明に窮するような類語の違いを説明している。私にはなかなか勉強になる。こういう説明を辞書編纂者はバカにせず,丁寧に拾っておいてほしい。

だが,ケリーには失礼だが,たしかに本書は,「日本人の英語学習者にとって画期的な内容」なのかもしれないが,手許の_Roget’s Thesaurus_(1952)やPaul HEACOCKの_Which Word When?_(1989)が類語解説辞書として有益であったし,_Longman Dictionary of Common Errors_(new ed., 1996)も一種の類語辞典として使える。本書が「画期的」なのは,私のような“日本人の‘初級’英語学習者”にとってであって,出版界にはすでに類書はごまんとある。このような出版物史についてのケリーの無知(もしくは無視)が彼を英語学習産業の傍流(キワモノ)に追いやっているのではないだろうか?(919字)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む