サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. デュアン・サーク 6 銀ねず城の黒騎士団 下

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

デュアン・サーク 6 銀ねず城の黒騎士団 下(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/266p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-8402-1479-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

デュアン・サーク 6 銀ねず城の黒騎士団 下 (電撃文庫)

著者 深沢 美潮 (著)

デュアン・サーク 6 銀ねず城の黒騎士団 下 (電撃文庫)

572(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

デュアン・サーク(6) 銀ねず城の黒騎士団<下>

572 (税込)

デュアン・サーク(6) 銀ねず城の黒騎士団<下>

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

やっと拭うことのできたイメージ

2001/05/24 17:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真泰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「銀ねず城の黒騎士団」完結編です。
 読み終え、本を閉じると同時に大きく息を吐いてしまう程に、とにかく読み応えがありました。デュアンとチャールズ王子の間にあったギスギスした雰囲気が緩和していく様子がとても良かったです。お互いに刺激し合えて、結果的に二人とも大きく成長した感じが見て取れました。頼りなかったエヴスリン王も、今回の出来事によって、これから本物の王様らしくなっていくのではないでしょうか。
 お城が舞台で魔道士や騎士団も大勢登場し、剣を交えるシーンも多かったせいか、良い意味で重みのあるストーリーでした。

 『デュアン・サーク』は、同作者の著名作『フォーチュン・クエスト』の世界から約100年遡った世界を書いた作品です。そういうこともあり、これまでは、『デュアン・サーク』=『フォーチュン・クエスト』のサイドストーリーというイメージをどうしても拭えなかったのですが、この銀ねず城の物語により、やっとで両作品を同等のものとして、切り離して見ることができるようになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

でも、表紙の絵はちょっと…

2002/07/17 00:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エリック@ - この投稿者のレビュー一覧を見る

やはり、深沢美潮作品は最後のまとめ方が心憎いと思う。広げた風呂敷をきれいに包みなおすようなイメージがあるのだが、今回もそうだろう。

主人公とヒロインが作品ごとに成長していくこと、そして、パーティとしての絆がどんどん深めていきながら、話が進んでいることが分かる。そこにクレイ・ジェダを放り込むことで、先が分からない話になっているところが、今回の話で一番の見所だった。

出来合いの物語ではなく、生き物のようにその場その場でストーリーが変化していようで、読んでいて新鮮さを感じる。

個人的には、主人公・デュアンとチャールズの友情が心温まる話で良かった。物語の途中で、そういう話が織り交ぜられているのは読んでいても、何だかうれしい気分になる。これはフォーチュンでも同じなのだけれど、個人的にはデュアンサークのほうがその気持ちは強いと思う。これは、あくまで個人的な感想だが。

シリーズ通して、(上)(下)が続くが、実質上、全ての話が続き物なので、一話完結ではない分、話が落ち着かない印象はあるが、逆に先先の話に期待を持たせるという意味では面白い手法だろう。

これまで読んだことのない人が、いきなりこの巻から読み始めても面白さは伝わらないだろうが、1巻から読み込んでいる人には堪らないだろう。評者は結構この演出にやられている口であったりする…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/21 18:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/07 03:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む