サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~7/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Daddyface(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/338p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-8402-1478-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

Daddyface (電撃文庫)

著者 伊達 将範 (著)

Daddyface (電撃文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

温もりいっぱい。

2001/11/05 13:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:脱力君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 単なる、SFアクションコメディーだったら5つ星の評価なんかしません。
 著者の伊達さんが、日本史・古典文学・現代生物学や兵器とテクノロジーに、そのへんのSF作家がかなわないくらいの造詣を持っているということも、DADDYFACEシリーズの評価には、きっとそんなに影響を及ぼさないと思うのです。
 この本で一番素敵なのは、「家族」と「愛」ってことだと、思うのです。
 読んだあと心があったかくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ギネスに挑戦!9才違いの実娘はスーパーレディだった!?

2003/01/29 00:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:成瀬 洋一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 貧乏大学生・草刈鷲士のもとへ現れた美少女は、自分が鷲士の実の娘だと宣言した。13年前、離ればなれになった幼なじみとの一夜の結果生まれた子供だというのだ。そんなこと信じられるかと思う暇もなく矢継ぎ早に襲いかかる謎の刺客。どうやら彼が偶然手にした、竹取の翁と鬼の謎に言及した稗田阿礼の私本を狙っているらしいのだが、襲撃者は誰もが口をそろえて、お前こそがダーティ・フェイスだと主張するのだ。
 本人にはまったく身に覚えがないことなのだが、草刈鷲士こそはコードネームを<ダーティ・フェイス>という凄腕のトレジャーハンターであり、12の国家を滅ぼし、4つの歴史的遺跡を壊滅させた男、ナイフから戦闘機まですべての兵器を使いこなす古武道の達人だと誰もが主張するのだ。そんなことないのに…。
 かくして彼と娘…と主張するところの結城美沙、それに学園のアイドル麻当美貴は、隠された秘宝をめぐる争奪戦に巻き込まれ、どこまでもどこまでも転がっていくのだった…。

 宝探しが主題であったり主人公である小説は多い。スティーブンソンの『宝島』みたいな海賊物であるとか、ハガードの『洞窟の女王』のような秘境探検物だ。インディー・ジョーンズの映画などのノヴェライズもそうだろう。だが、そうした冒険小説の流れとは近くて異なる場所、主にライトノベルというジャンルを中心に、最近になって散見されるようになった<トレジャー・ハンター物>は少々毛色が異なっている。
 このジャンルの代表は、やはり最新刊『エイリアン黒死帝国』が出た菊地秀行のエイリアン・シリーズだろう。あるいは『アルテミス・ファウル』といった海外作品も含めて良いかも知れない。こうした作品では、まだ子供であるはずの少年少女が最先端のハイテク機器から最新兵器までを駆使して、普通の人々が伝説だおとぎ話だと相手にしない中から手がかりをつかみ、莫大な財宝を手に入れるため未曾有の危険に立ち向かうというストーリーだ。そしてこの作品もまた、そのセオリーに従って展開する。
 超兵器を無造作に使いこなし、腕利きの兵士を簡単に倒してしまい、大人の権力者すらひれ伏す主人公たち。そこで終わってしまったら、ただの子供の願望充足小説だが、ハイテクも札束もやがて役に立たなくなるときが来る。そして頼れるものが自分だけになったときに現れる敵こそ、最大の危機であり、それをいかに身一つで乗り切るかで主人公の格が決まるのだ。
 そして、草刈鷲士も主人公にふさわしい格の持ち主であり、この小説を一気に読み通させてくれた。やはり最後に物をいうのは、おのれの肉体と知恵と勇気だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ゲームっぽいのぅ。

2002/02/04 18:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マロウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「童話や昔話のウラって、ほんとにこんな風なのかもしれない」そんなことを思った本でした。かるーくさらっと読むのもよし、細かく細かく裏のウラまで読み読みつくすのもまた一興。
 # 裏のウラまで考えが及べる本っていうのも最近めずらしいような気が(^^;
 読めば読むほど「人ってすごいなぁ」「家族っていいよなー」…そして「ヒトって悲しいなぁ」という感慨に浸れる内容です。お勧め!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダディーフェイス

2005/04/03 11:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまか - この投稿者のレビュー一覧を見る

あらすじを読んだとき、義理の親子間のラブストーリーかと思っていたのだが、なんとビックリ!年の差9歳の実の親子。この意外(無理)な設定に予想を裏切られた感じ。そこでまず、期待を裏切られたので、ガックリしていたのだが、父は誠実、お人好し、貧乏に対して、娘は何をしても無茶苦茶、そして大富豪、さらに双子の弟は、大富豪なのはもちろんクール、冷血漢、完全無敵といった、三者三様の性格がおもしろい。さらに、母親もまた、一癖もふた癖もある性格、このあたりが、また、おもしろい。コメディが苦手な私にも、読みやすかったかなと思う。難点をいえば、夫婦の関係がとてももどかしいこと、子供の母親であることを匂わすようなあからさまな会話が頻繁に出てくるのに、父親は疑問に思いつつも、まったく気づかない。武器や、戦闘機の名前が専門的すぎて、想像しづらい。などの点が揚げられるのがマイナスポイントである。だが、コメディをあまり読まない人には、とっかかりやすい作品だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/30 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/01 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む